産後太り

子供ができて太っちゃった…そんな主婦がまずやるべきダイエット方法

妊娠、出産など、体の状態に深刻な変化を及ぼす時に人の体と言うのは必ず体重に変化が起こります。

特に出産後は必ずと言っていいほど、体重が大きく変化します。

 

 

痩せるか?太るか?というところでしょうが、ほとんどの人が太るというケースが多いようですね(。-_-。)

 

 

元気な赤ちゃんを産みたいけど、太るのはイヤ。
これは、ほとんどの赤ちゃんを身ごもっている妊婦さんの願いではないでしょうか?

 

 

又、逆に、出産してから驚くほど体が痩せてしまったと言うケースもありますが、このケースの場合はほとんどの場合、健康的な痩せ方ではなく、痩せたというよりかはしぼんでしまった?と言う感じの痩せ方の人がとても多い気がします。

 

私の友人にも、1人目を産んだ直後はなんとか太らないように気をつけて、体重をプラス5キロまでにセーブできていましたが、2人目を産んだ時になぜだか、全体的にしぼんでしまった人がいます。

 

 

本人曰く、痩せたというよりかは、「なんだか、全体的にしぼんできちゃったんだよねー」。
と言ってました。

 

痩せるのとしぼんでしまうのでは、天と地ほどにも違うのですが、痩せる!というのは、健康な感じで肌にも張りがあり、何より、若返ったように見えるものです。

 

 

ですが、出産してしぼむと言うのは、なんだか、10歳は老けてしまったと言う印象で、先ほどの友人は旦那に「老けたね〜」と言われてとても憤慨してました。(そりゃそうだ(。-_-。))

 

 

とにかく、出産をすると、太る!しぼむ!のどちらかに偏るのが女性の体と言えますので、太らない!しぼまない!
ようにするにはそれ相応の体のケアが必要です。

 

 

でも、1番はやっぱり太らないことが女性にとっては重要ですので出産しても太らないようにするにはどうすべきか?を考えていきたいと思います。

気になる産後太りのメカニズムとは?

先ずは、産後太りのメカニズムからですが、普通に考えて、お腹の中に赤ちゃんがいるときは当然に赤ちゃん分の体重が自分の体重に加算されていますので、自分プラス1人というように、体重は普通よりかは重い状態ですよね?

 

 

で、赤ちゃんを産んだ後、これも当然のごとく、赤ちゃん分の体重をマイナスと言う考えで体重はある程度元に戻る
…と考えがちですが、そうは問屋がおろさないというわけで、蓋を開けてみたら、体重が出産前のプラス10キロは太ってる!と世の中のお母さんは嘆くのですΣ(゚д゚lll)

 

 

まさに、計算通りにいかないわけで、よっぽど気をつけていても体重はいくらか(5キロ〜10キロ)は増えているということになります。

 

 

根本的な原因は幾つか考えられます。
その大きな要因の一つが実は骨盤にあるということはご存知でしょうか?というか、これはもう常識に近いですよね。

b0bf64a94cdcd658950b321b4e96bd06_s

赤ちゃんを産んだ後の母体と言うのは、骨盤が開いている状態ですので、骨盤が開ききっていると、腰回りや足、お尻などに脂肪がつきやすく、また、出産直後は骨盤も不安定な状態ですので、歪んでしまったり、開ききったままになっていたりすることがあります。

 

 

この骨盤が開ききった状態と言うのは太りやすいというのもありますが、さらに危険なのは、肩こりや腰痛を引き起こしやすい、めの疲労にも直結してくるというから脅威です。

 

 

そうならないために、産後の骨盤のケアを行えば、大幅に産後太りを解消する足がかりになるわけです。

骨盤の開きや歪みによる産後太りの解消方法とは?
幾つか、産後太りの解消方法はありますが、1番ポピュラーなのは、骨盤矯正ベルトを使う方法です。

 

産後は6カ月以内であれば、元の体重に戻りやすいと言われていますし、実際、多くのママさん達が、産後の6カ月間に頑張って元の体重に戻しています。

 

 

ですが6カ月を過ぎてしまうとなかなかどうして痩せにくくなるというわけで、産後は無理しすぎるのはいけませんが、骨盤矯正ベルトで骨盤をすぐに元の状態に戻すのが賢明です。

また、産後太りの大きな要因に、妊娠中には激しい運動などはほとんどできませんので、その妊娠中の運動不足で代謝が大幅に低下しているということも考えられます。
そのままズルズルと太めの体重を維持したまま、気がつけば、数年の月日が流れていた!ということも珍しくありません。

 

 

これも、妊娠6カ月以内であれば痩せやすく、回避することができる現象ですので、マタニティ用のフィットネスジムに通う、専用のエステに通うなどして、なんとか回避したいものですね。

 

 

とにかく、妊娠ご6カ月以内は今までの妊娠中の生活の清算ということで、なるべく早く上記の対策を練るなりして体重を元に戻したほうが良さそうです。