スーパーフード

豆苗の味噌汁が美容、ダイエットに最高の効果をもたらす理由。

 

私が豆苗という植物を知ったのは実はごく最近です。

最初はカイワレだと思ってました(。-_-。)
先日、実家に帰省した時に母がお味噌汁を作ってくれたのですが、そのお味噌汁というのが、まさに豆苗のお味噌汁でした。

 

 

豆苗って昔からあったっけ?
と母に聞くと、昔からあったけど母が豆苗が苦手なので今まで家庭で味噌汁として出したことがなかったそうです。

 

 

ではなぜ?今頃?
と思い母に聞いて見ると。
なんでも豆苗はダイエットや美容に効果があり、継続して食べると肌もツヤツヤになれるそうな。

 

 

うーん初耳。
そもそも、こんなカイワレみたいなのにそれほどの美容、ダイエット効果があるのか?という疑問も湧いてきます。

 

豆苗の以外な正体、へー、元はあの豆なんだ。

まず、調べてわかったのは、豆苗はえんどう豆の茎と葉ということがわかりました。
えんどう豆というのも豆の種類がありますよね。

 

 

スナップえんどう、さやえんどうなど、緑黄色野菜の一種で、昔はとても栄養価が高いので高級食材として扱われていたそうです

 

 

スーパーでの今のどこにでもある感を見ると、とてもそんな風には見えませんがね。
ところが、栽培、収穫しやすいというメリットと、使い勝手の良さというメリットから、最近、日本でも浸透して広まってきたというわけです。

 

どうりで、昔はそんなに豆苗って見かけなかったなーっと思います。

豆苗の栄養価は数多の野菜の一つ上をいく!

なぜ豆苗がこれほどまでに世の中に美容、健康、ダイエットに特別な扱いを受けているかというと、それは、すべての緑黄色野菜の栄養価の一つ頭が抜きでてるからに他なりません。

 

 

しかも、成人の必要なビタミンであれば、豆苗50グラムも食べれば事足りてしまうというほど、ビタミンも豊富に含まれています。

 

 

 

また、緑黄色野菜の王様、ほうれん草やチンゲンサイなどに比べても、βカロテンやビタミンが抜群に多く含まれている野菜なんです。

 

 

ダイエット効果や美容効果を抜きにしても普段の食生活にどんどん取り入れていきたい野菜ですね。

豆苗の美味しい食べ方とは?

そんな豆苗ですが、お味噌汁だけの食べ方ではさすがに飽きてしまいますし、毎回味噌汁に豆苗が登場するのもなんかちょっとと言う気もします

 

 

と言うわけで豆苗のほんとにおいしい食べ方を調べてみました。

 

 

豆苗と言うのはもともと中華材料に使われていたものなどですが、そのせいかごま油が非常によく合います。

 

 

にんじんやもやししいたけさらにお肉であれば歌ひき肉などを合わせて野菜炒めを作る要領で炒めるとほんとに本格中華料理のように美味しくいただけます。

%e8%b1%86%e8%8b%97

ダイエット中は豚肉を鶏のひき肉に変えたり、お肉を入れないで野菜だけでおひたしとして食べても最後に少量をごま油を垂らすだけで、本当に美味しくいただけます。

コツは長く炒めすぎない事です。

またもやしとの相性が非常に良いと言うことでもやしと、豆苗とエノキのナムルもとても美味しいです。

%e3%83%88%e3%82%a6%e3%83%9f%e3%83%a7%e3%82%a6%e3%83%8a%e3%83%a0%e3%83%ab

また豆苗の面白いところは、食べるだけではなく吉田根っこの部分を水に浸しておいて豆苗の再生を観察して楽しむと言う楽しみ方があります。

 

 

1つ注意が必要なのですが、豆苗は育てすぎると茎の部分がヘロヘロになってあまり美味しくありません。

もしかしたら、味噌汁が一番合理的で美味しい食べ方なのかもしれませんね。

 

できればある程度成長したらすぐに食べてしまいましょう。(^^)

 

 

βカロテンも豊富でデトックス効果、アンチエイジング効果、ダイエット効果ということ無しのリーズナブル&ヘルシー食材豆苗。

 

 

ダイエット効果も再生収穫も楽しんじゃいましょう!