ダイエット始めに・・・

0カロリーのジュース・食品・寒天でも太るって本当?

最近はすっかりお馴染みになりつつあるゼロカロリーの食品。

 

かく言う私もゼロカロリーの清涼飲料水0カロリーのお菓子等は結構好きでよく食べています。

 

 

ダイエットコーラに始まり、ゼロカロリーの寒天ゼリー等はどう考えてもダイエットのために作られた商品と考えるべきでしょう。

 

 

また小腹が空いたときなど少しだけ食べたい時には重宝するのではないでしょうか?

でも皆さん、ゼロカロリー食品を口に入れるときにこういう風に考えた事はございませんか?「この食品は本当にゼロカロリーなのであろうか?」

 

この問いはほとんどの人の頭に浮かぶはずの問です。

 

ゼロカロリーの食品とはそのカロリー自体がゼロと言う事を謳っているのであって、この商品を食べたから、この商品を飲んだからといって絶対に体の脂肪が増えませんと言っているのではありません。

 

 

そうここがポイントなんです、カロリーを0と言う事を謳っていても、糖分や脂質等はしっかり栄養として計算されているのです。

a2738b25e8935fcfc2a76df9868a60b6_s

これは基本的に日本の栄養表示基準に問題があります。

 

 

例えば飲料100ミリリットルこの100ミリリットルあたり5キロカロリー以下、食品であっても100グラム当たり5キロカロリー以下になればなんとノンカロリーと表示して良いと言う日本の栄養表示基準の表記が可能となっているんです。

 

 

さらに飲料100ミリドルあたり20カロリー以下そして食品であれば100グラム当たり40キロカロリー以下の範囲であればなんとカロリーオフ、低カロリーと表記することが日本の栄養表示基準であれば可能となってしまっているのです。

 

 

食品の表示ラベルを信じるなと言う事では無いのですが例えばカロリーゼロの食品として表記があっても中には実際に糖質や資質や炭水化物などがしっかり含まれている食品や飲料水もたくさんあるです。

 

 

また、よくゼロカロリー食品に使われている甘味料や人工着色料などは体にとって必ずしも無害と言えるものではないものがたくさん含まれています。

そもそも人口甘味料と言うのは普通の砂糖よりも数倍甘く感じるようにできており人工甘味料の味に慣れてしまうと、味覚障害を引き起こすということも考えられるのです。

イギリス科学雑誌ネイチャーの研究論文が公表

あなたはイギリスの科学誌(ネイチャー)と言うものをご存知でしょうか?

 

 

ネイチャーはイギリスの科学者などが調べた研究結果や、論文などを公表している雑誌でこのネイチャーの研究結果や論文などはかなり信憑性が高いことで有名です。さらに食の研究や日本食などの先端科学なども時折何かしらの研究結果が出ている時があります。

73358a323f520ffec86e5a39e725be10_m
しかし、ネイチャーに掲載された論文によると人工甘味料入りの水を飲んだ実験用のマウスは糖尿病につながる言える耐糖障害(糖尿病のリスクにつながる糖分の耐性)が非常に起きやすくなったのに対しただの水や砂糖入りの水を与えられたマウスには全く何の変化もなかったと言う研究結果が出ました。

 

 

これがどういうことかと言うと人工甘味料入りの食品や飲料水を摂取すると糖尿病のリスクが高まるということを意味しています。

 

 

非常に強い研究結果、論文ですがこのことを考えると私たちは人工甘味料と言うものとういう風に付き合っていったらいいのかと言う壁にぶち当たります

 

 

人工甘味料で私たちがよく耳にするものは、あのガムで有名なキシリトールや、ポカリスエットでも有名なステビアなどが挙げられます。

c35018206f76fd143184237b8a920a6d_s

また、アスパルテームやスクラロースなんていうのもありますよね。
私は飲料水の表示によくアスパルテームやスクラロースの名前を見ます。

 

 

結論から言ったら、やはり人工甘味料に頼らず自然の由来の食べ物で体の栄養素は補っていきたいものです。

 

 

そしてネイチャーの論文の結果があくまでもマウスを対象にした研の結果ですので実は言うと人間に対してはそれほど高い確率で糖尿病のリスクがあるかと言う事までは細かくは分かっていません。

 

ですが、マウスであっても生き物の体に悪いと言う事はやはり人間の体にとっても害があるということです。

 

 

また専門家によるとこのような実験の結果には非常に多くの時間とたくさんの人間が必要になるので、まだまだ人工甘味料が完璧に糖尿病の危険が高まるものと言う事は言えないそうです。

 

 

要はたまに、人工甘味料入りの飲み物や食品を口にするのであればほとんどは問題ないと思いますがそれが、ダイエットにつながると言って大量に摂取するようになると全くの逆効果になると言う事でしょう。

 

ダイエットをはやる気持ちはとても理解できますがやはり飲み物があればダイエット中はお茶やお水を、どうしても甘いものが飲みたくなってしまった場合は100%のオレンジジュースやりんごジュースなどが良さそうですね。