ダイエットいらずの体質

誰にでも来るダイエット停滞期。素早く脱する筋トレはこれだ!

 

順調に進んでいたダイエットも必ず壁にぶつかる時があります。
皆さんはホメオスタシスという言葉をご存知でしょうか?

 

ホメオスタシスというのは過度なダイエットを行うと作用する身体の危機管理システムのことをいいます。

 

 

実は言うとこのホメオスタシスというのがダイエットを停滞させる大きな原因となっているのです。

 

 

このホメオスタシスの現象、私も経験があります。

 

というのも、私もダイエットを短期間で達成したりリバウンドを繰り返したりですが、ある一定の体重まで来ると、1週間ほど体重の減少が止まったのです。

 

まさに、ホメオスタシスの現象でしたが、当時の私はそんなこと知るよしもありません。( ̄◇ ̄;)

 

とにかく、食事の量を減らしたり、運動量増やしたりしていました。

 

 

ですが、逆に言うとホメオスタシスの現象が起こると言う事はきちんと体の体脂肪やエネルギーが燃焼してくれていると言う事でもあります。

 

 

ほとんどの人は1ヵ月を待たずにして体の方がそれほど摂取カロリーがなくても体に危機があると言うほどのことでもないということを脳が理解してくれますのでホメオスタシスの制限機能を解除してくれます。

a2877e742dcd10a6df804b259e239ae7_s

どうすれば、ホメオスタシスを経験しないで体重を減らしていくことができるのか?

ホメオスタシスの現象を経験しないで体重を落としていきたいのであれば、やはり理想のダイエットは、ロングスパンでのダイエットでしょう。

 

1ヶ月の目標減少体重は5キロ!

 

と目標を立てて見ても、実際にこの目標体重はなかなか出しづらい目標であります。

 

というのは、1ヵ月の目標減少体重5キロというのは、なかなか大きな目標となるからです。

 

本来ならば、1ヶ月で半分の3キロぐらいにしながら、落として行きたいものです。

 

なぜならば、ホメオスタシスを経験しないで減らせる体重量と言うのは決まっており、その体重量とは一ヶ月に、あなたの体重の全体重の5パーセントまでと言われているからです

 

1ヶ月の減少目標体重5キロと言う事はあなたの現在の体重が80キロあると言うことになります。

 

80キロの体重と言うのは女性であれば相当な体重ですし、男性はかなりの高身長か、170センチ以上でもまあまあぽっちゃりです。

 

(ちなみに当サイトの管理人ことゆうたろうおじさんは177センチ 88キロがMAXです)(。-∀-)

「だがしかし、これ以上は太らないです!!」

 

 

ただし女性はどんなに太っていても身長がそれほど高くなければ80キロを超える事は少ないと思います。

 

ということわ1ヶ月でせいぜい3.5キロがホメオスタシスに引っかからない減少体重の限界だともいえますよね。

 

 

ダイエット頑張ろうと言う気持ちや早く痩せたいと言う気持ちは非常によくわかりますが結果を焦ってホメオスタシスに引っかからないようにしましょう。

ホメヲスタシスに引っかからない為に…

そもそもホメオスタシスに引っかかると、ダイエットのやる気自体がしぼんできてしまいますので結局途中でダイエットは諦めてしまう位でしたら2ヶ月で3キロ減らすぐらいの緩やかなダイエットするつもりでダイエットを頑張っていくのもいいかもしれませんね。

 

 

私のオススメのダイエットの方法はまずは1ヵ月は体の筋肉をしっかりと作り上げると言う考えを持ったダイエットが非常にお勧めです。

 

 

ダイエットの停滞期を経験するとなかなか体重が減らないことに悩んで過酷な食事制限や運動をしがちです。

 

特に食事制限は最初のダイエットでがっつりやってしまうと体の方が危機感を感じて体の脂肪だけではなく筋肉までも分解しようとしてしまいます

 

 

体が筋肉を分解してしまうと当然のことながら筋肉量が減少してき体の基礎代謝はどんどん下がってきてしまいます結果的に痩せにくい体が出来上がりダイエットの負のスパイラルに陥りがちです。

 

みなさんも経験ありませんか?

空腹だったのに、何も食べてないのに急に空腹感が消えてること?

実はこの瞬間に筋肉が落ちて、太りやすい体質に近づいているんです。

 

 

まずは体重の減少には目を向けないで通常通り食事をとり、間食を避けて1カ月間は無理のない筋トレなどで体の基礎を作り上げる等をしてから本格的なダイエットを目標を持って取り組むと半年後には大きな結果となって返ってくると思います。

 

 

そこで私が推奨するダイエット方法が6ヶ月のスパンで10キロ痩せるダイエット方法です。

5617ff83d7806da4e7966c9ca4c8bdd8_s

1ヵ月目
最初の1日を除いて
体重計には1カ月間は乗りません

 

 

これは体重計に乗ってしまうとなかなか減らない体重を目の当たりにするためダイエットしようと決意しているのに減っていない現実を見ることを避けてまずはリラックスしてダイエットに臨むと言うことです。

 

 

また食事方法も普段と変わらず3食きっちりとって下さい。ですがその際には必ず炭水化物の量をしっかり計った食事をしましょう。

 

炭水化物は1日の摂取量をしっかりと決めた方が後々のダイエットのためにも役に立ちます

 

またこの最初の1ヵ月間はダイエット始めと言うことで間食は絶対に避けましょう。
ストレッチ、簡単な筋トレをしてみる。

 

本格的な筋トレやストレッチではなく簡単な筋トレやストレッチを週2回のペースでおこないましょう。

 

 

即トレがオススメです。

 

2ヶ月目
食事に気をつけたダイエットをしましょう。

きちんとたんぱく質を摂取する食生活を送りましょう。それでいて低糖質な食生活を心がけましょう。

 

また、2ヶ月からは、炭水化物の量も減らしましょう。

 

だいたい1ヶ月目の3分の2程度の量にしましょう。
運動は1ヶ月目と同じく、週に2回でOKです。

 

3ヶ月目
体重計に乗って見ましょう。

今現在の体重は1ヶ月目の体重より多くて4キロ少なくても3キロは減っているかと思います。

 

日常生活は1ヶ月目、2ヶ月目と同じで大丈夫です。

 

 

4ヶ月目
有酸素運動をしてみましょう。
とは言っても無理な有酸素運動ではなくやはり週2回程度。
軽いジョギングやウォーキングなどを取り入れてみましょう。
軽く汗をかく運動がベターです。

 

5ヶ月目

サプリメントやダイエットサポート商品を試してみましょう。

 

 

特に朝、スムージーや一日置き換えのダイエットサポートジュースやサプリメントにするとその効果を実感できます。

 

6ヶ月目

いよいよ最期ですが、特にこれといった行動はありません。

しいていうなら、5ヶ月目を継続しましょう。

ここまでくれば、美容体重と言われている体重までどんどん下がります。

普段なにげに生活していても、食時や運動にきを使うことができるようになっているでしょう。

 

「ダイエット達成です!」