ケンコーダイエット
Yoga・マインドフルネス・筋トレ・有酸素運動・ストレッチ・映画・書籍ブログ
ダイエット・ストレッチ

痩せやすい?柔軟性とトレーニングと体脂肪の不思議な関係

昔はとても体が硬く、ストレッチをするにも体が硬いので痛くておっくうでした。

 

「バカみたいに、体が硬い」

 

ですがお風呂上がりにストレッチを毎日することで徐々に体が柔らかくなりだんだんとストレッチをするのも億劫ではなくなり今ではなんとか、足のつま先に指がちゃんと届くようになりました。

 

 

毎日のストレッチだけではなく今流行の、全開開脚の本を読んで実践したりして現在の状態にもっていくことができましたが、以外と開脚ってできてしまうとクセになるのか毎日飽きないで開脚をしながらストレッチをすることができています。

 

やらない日はむしろ気持ち悪い位で、必ず入浴後の10分から20分はヨガマットをひいてその上でストレッチを行います。

 

またストレッチを行うようになって随分と体が痩せやすくなった思います。

[ip5_box size=”box–large” title=”オススメのストレッチ&開脚本♪” title_size=”” width=””]

[/ip5_box]
実際にどのくらい痩せやすくなったかと言うと体にパメラーターがついている訳ではありませんが、普段やせにくかったところまで贅肉が落ちていくような感覚です。

 

ストレッチをすると一般的には体の可動部分が増えて可動率というのが高まり、スポーツ選手などはパフォーマンスの絶対値が上がるので試合や競技の後などには必ず念入りにストレッチを行うといいます。

 

よく、メジャーリーガーのイチロー選手などはストレッチをしているところをテレビに抜かれたりしますが、優秀なストリートであればあるほど年がら年中暇さえあればどこかしらストレッチをしているようです。

%e3%82%a4%e3%83%81%e3%83%ad%e3%83%bc
私もテレビでイチロー選手がインタビューを受けながら下半身のストレッチを行いながらインタビューに答えているところを何度も拝見したことがありますが、イチロー選手ほどのアスリートになると笑顔でインタビューに答えながら難しい部分のストレッチを念入りに行えるようになるようです。

 

さて、アスリートの場合はパフォーマンスを最大限に上げるためにストレッチを行いますが一般の人は、脂肪燃焼させるためにストレッチを行うべきです。

なぜストレッチをすると体脂肪は燃焼してくれるのか?

一般的によく言われているのがストレッチをすると体の脂肪が燃焼すると言う事はほとんどのダイエットサイトで言われていることです。

 

どのダイエットサイトを見てもダイエットをするにはストレッチが最高!部分やせストレッチをするならこのストレッチ!と言う記事はたくさんありますがなぜストレッチをするとダイエットにつながるかと言う事はあまり書かれていません。

 

私はもっと体系的にこのストレッチをすることで体にどんな変化が起こりどうやって痩せていくのか?ということが知りたかったのでダイエットストレッチの方法ではななぜストレッチをすることで脂肪が燃焼するのか?を詳しく調べてみました。

 

 

まず1つ分かったのは、ストレッチをしたからと言って即座に脂肪が燃焼されて痩せると言うわけでは無いようです。

 

それちと言うのは脂肪燃焼を目標とするものではなく、やはりアスリートたちが行うように体の可動部分を増やしてパフォーマンスを最大限に上げることを目的としてされるものですので来は脂肪燃焼させると言う目的からはそれます。

 

 

ですが毎日行うことにより、徐々に血行促進と代謝の上昇によるダイエット効果が出てきます。

 

あくまでも毎日続けると言うことが前提になりますがどちらかと言うとダイエットの補助的な役割を担うのがストレッチと言うことです。

611bbaaf4949f2744c4e9118fd1e1a91_s

辛いダイエットが苦手な人には特にオススメ。

最近ではストレッチを中心としたダイエット手法も多くあります。

 

激しい運動やがっちりとした食事制限などが嫌いな方であればストレッチを中心としたダイエットは非常に向いているといえます。

 

なぜならストレッチを中心としたダイエットは体を極端に痛めることがないので、ゆっくりではありますが継続することで、どのダイエットの効果よりも健康的でかっこいい体のラインを作ることができるダイエット方法といえます。

 

特に、あまり体力に自信のない女性には本当にオススメのダイエットと言えるでしょう。

ストレッチダイエットは基礎代謝の上昇がキモ!

ストレッチを行うと分かるのですがたった数分間ストレッチをしているだけで夏場などは体から汗が吹き出るほど体があったかくなってきます。

 

これは体の基礎代謝がどんどんと上昇している証拠でもありますので、眠っていても消費されるカロリーとしての基礎代謝が上がって、普段よりも多い量の食事をとっていても大きく体重が増えることがありません。

 

 

また1番のデメリットは全くお金がかからないと言う点です。

 

 

「ただより安いものはない」

 

唯一初期投資としてヨガマット等のストレッチを行いやすくするためのツールが必要な位でそれさえやれば体1つでできてしまうのが1番のメリットです。

[ip5_box size=”box–large” title=”超オススメ!厚さ10mmのヨガマット” title_size=”” width=””]

[/ip5_box]
また、ストレッチの種類によっては普通の運動では鍛えづらいと言われているインナーマッスルをしっかりと鍛えることができるのがストレッチダイエットのもう一つの魅力です。

 

 

ダイエットサプリなどを使ってストレッチを行うのも体重をしっかりと減らしたい人には効果があります。

 

 

私はいつもストレッチをするときに入浴直後にお水を飲みながらゆっくりと時間をかけながらストレッチを行います。

 

時間にしてだいたい20分から30分ぐらいでしょうか。

 

ストレッチをしていると自律神経も整って、夜、深い睡眠をとることもできます。

 

お風呂上がりにストレッチを行うことであったまって血流の良くなった体をストレッチさせて筋肉を柔らかくすることができます。

 

私はもともと末端冷え性で冬などは足の指先や手の指先が冷えてなかなか寝付けないことも多かったのですが今はストレッチのおかげでほとんど足の先端の冷えを感じることがなくなりました。

ストレッチダイエットここに注意!

ストレッチダイエットで唯一注意したいことがあるとすれば、同じ部分ばかりストレッチをしてしまうということです。

 

同じ部分ばかりストレッチをしていると筋肉のバランスが崩れてしまい体を痛めることになる可能性もありますのでストレッチはいろんな部分をまんべんなく行うようにしましょう。

注意その2

ストレッチはあくまでもダイエットの補助と考えるべし

サプリメントや有酸素運動を取り入れるのではなくただただ漫然と毎日ストレッチだけ行っていても確実に体重を減らすのは非常に難しいことです。

 

人は効果がでないとなかなか前に進むことや継続することができない生き物です。

 

ストレッチを続ければとても緩やかに長い時間をかけて少しずつダイエットすることも可能ですが、その期間のあまりの長さに途中でやめてしまう人も多いのです。

 

ストレッチで確実な効果を得たいのであればやはり毎日のちょっとした運動はプラスで加えたほうがいいのかもしれません。

結論
ストレッチだけでも痩せることはできるが、サプメントなども併用してもかなりゆっくりやはり運動もバランスよく併用するべき!