ダイエット食品

チョコレート効果はダイエットの救世主!72・86・95で痩せる!

みんなの好きなお菓子といえば戦後の時代からチョコレートと決まっています。
チョコレートといえば、ダイエットの天敵。

 

 

「ギブミーチョコレートやで」

 

食べ過ぎるとデブになるお菓子と私が子供の頃より言われてきました。

 

 

ちなみに私は皆さんと同じくチョコレートが大好きですがチョコレートを嫌いな人というのはそうそういないのではないでしょうか?

 

たまに、甘いモノが苦手。

 

という人はいますが、実は人間は本能的に甘いモノが大好きな生き物です。

 

 

甘いモノが苦手という人は味覚が甘いのが苦手ということで、それ以外のモノ(お酒など)でシッカリと糖分は摂取しているものです。

 

 

そんなチョコレートですが、使い方次第でダイエットツールになるのはご存知でしょうか?

 

このチョコレートダイエットの手法は実際、お医者さんが実践して−15キロ以上の効果を上げている手法なので試してみる価値は大いににあります。

e233fe3c3e536416799be83af4055c7e_s

用意するものは、ズバリ、チョコレートと製氷皿と冷凍庫です。

 

 

また、このダイエット手法はやり方がいくつかありますので、自分が簡単だと思う方法でやって見ましょう。

チョコレートダイエット手法その1

そのまま食べる。
チョコレートをそのまま食べるといっても、板チョコ一枚そのまま食べるということではありません。

 

 

1番いいのはチロルチョコが大きさ、量共にピッタリと言われています。

bae2e39cdcc2d4d46c7cc218005fc8e0_s

 

このチロルチョコほどの分量のチョコレートを食前1時間まえに食べるだけです。

 

 

えっ?これだけ?と思うかもしれませんが、本当にこれだけでOKです。

 

 

注意していただきたいのは、分量はチロルチョコ1個だけということと、チョコレートを食べたということをシッカリ認識する事です。

 

チロルチョコ程度の大きさですと、下手をすると食べた事を忘れてしまうときもあります。

最近では、このチョコレートがいいですよ

 

 

そのうえでお昼ご飯、夕ご飯を食べます。

 

まるでお薬みたいな感覚ですが、これを続けているとだんだんとご飯を食べている途中でお腹が満足してきます。

 

そうです、このチョコレートダイエットはご飯を食べる量を減らすことができる方法なのです。

 

 

仕組みは簡単です。

 

単純に血糖値が少量の糖分で緩やかに上昇していくため、脳が満足感を覚えて食事の途中でも、満腹感が出てきてしまうのです。

0a26ea143d8ca88f4e831fb7125d5306_s

このダイエット方法はお医者さんが考案者です。

 

 

そのお医者さんは、ある時、太り過ぎの女性を診察している時に、「太り過ぎだから、少しダイエットしてください」と言ったそうですが、逆に、そのお医者さんも太っていたために、患者さんに「あんたに言われたくない!」と言われてしまったそうです。

 

 

「そりゃ、そうなるわ」

 

確かに太っている人に少しダイエットしてくださいと言われても全く説得力がないですよね。
温厚な私でもあんたに言われたくない!と言ってしまいそうです(^◇^;)

 

 

それからそのお医者さんはダイエット始めたのですがそのダイエット方法と言うのは当初は全く食事を取らずに水を飲んで激しい有酸素運動すると言うかなり過酷なダイエットだったそうですが、ある日あまりの空腹に耐えきれずにコンビニでチロルチョコを1個買ってそれを口の中で溶かすようにじっくりと味わって食べたそうです。

 

 

するとどうでしょうか、数分後にはあれほど減っていたお腹も全く空腹感がなくむしろ今はご飯を食べたくないと言う気持ちになったそうです。

 

この方は、お医者さんなのですぐにその満腹感の秘密を知ることができました

 

そしてこのチョコレートダイエットを断食と併用して使うのではなくしっかりと少なめにご飯を食べることによってその残りの分の空腹感をチョコレートで和らげると言うチョコレートダイエットの手法を生み出したそうです。

 

それからそのお医者さんは見事に-15キロ以上のダイエットに成功して患者さんに少しダイエットしてくださいと無事に言えるようになったそうです(^◇^;)

f31e5eaab6bad37b811701a79a970d1e_s

チョコレートダイエット 手法その2

チョコレートをお湯で溶かしてお湯で薄めて固める。

 

 

この方法は手法その1よりもチョコレートを食べるカサを増やすと言ったものです

 

 

チョコレートを口に入れるとほとんどの人がゆっくり口で溶かして食べるのではなく派手バリバリと噛み砕いてしまうのではないでしょうか?

 

そうすると口の中であっという間にチョコレートが消えてしまいチョコレートを食べたと言う実感がほとんどわかんないまま胃袋の中に入ってしまいます。

 

そうするとやはり血糖値が上がる速度が上がってしまい、血糖値をゆっくり上昇させるチョコレートダイエットが台無しになってしまいます。

 

またチョコレートを速攻で食べてしまうため、もういっこチョコレートが欲しくなってしまうと言う悪循環に陥ることになります。

 

この悪循環の回避のためにまずは決まった分量(チロルチョコレート1個分)をお湯でとかしお湯で薄めて製氷皿に入れて冷凍庫で凍らせます。

84f3d89acd70bfcaff7b112762efe7cf_s
そうするとチョコレート味の氷が1ダースほどできるはずです。

 

その氷を食事前に口に入れて溶かしながら食べます。

 

お湯で薄めてあるので、味こそは薄いのですが、3個か4個食べた後に夕食を食べるとあら不思議半分も食べないうちにお腹が満腹になってきます。

 

これは私も実際試してみましたが、薄いチョコレートの氷さえクリアできれば、かなり効果的な方法だと思いました。

 

 

私はダイエット中の食事は夕飯は炭水化物を抜いているのですがそれでもいつも食べる量の半分弱位しかお腹に入りませんでした。

 

不思議ともう、ご飯はいいやと言う気分になります。

 

 

デメリットは正直言ってお湯で薄めたチョコレートがあまり美味しくないと言うことです。( ̄◇ ̄;)

 

 

「クソまずい」

チョコレートダイエット手法 その3

チョコレート牛乳プリンを作る。

34bedf34c1ad5a2fbcf7ad01394f7f83_s
チョコレート牛乳プリンといっても牛乳70ミリリットルの中にチロルチョコ1個分のチョコレートしか解けていないのでほんのりと甘い牛乳プリンが出来上がると言うものです。

 

これも味はまずまずですが、よく味わって食べればなかなか満腹感もでる方法だと思います。

 

チロルチョコ1個を牛乳に溶かしてゼラチンで固めると言う手間はこのぐらいの手間であれば許容範囲内でしょうか?

 

 

とまぁ、チョコレートダイエットの全貌は手法その3までなのですがするに血糖値を緩やかに上昇させれば満腹感が出て食欲が抑えられると言うダイエットなのでチョコレート以外にもいろいろ試してみる価値はありそうです。

 

 

チョコレートを毎日食べると言うあなたぜひ試してみてはいかがでしょうか?