ケンコーダイエット
Yoga・マインドフルネス・筋トレ・有酸素運動・ストレッチ・映画・書籍ブログ
危険な食品?

健康にいいスナック菓子と健康に影響を与えるスナック菓子。

cd1dbb19a8456d713f2e8bbea1f956d4_s

私はお菓子を食べないと言う人間は世の中、探しても少ないのではないでしょうか。
と思っているのは私だけでしょうか?

 

私はスナック菓子が大好きです。( ̄◇ ̄;)

 

 

 

「ほどほどにな」

 

実は言うとダイエットしている時でもちょこちょこスナック菓子をつまんだりしていましたが、皆さんはお菓子の裏に付いている食品表示を見てお菓子を買っていでしょうか?

お菓子を買う時は必ず見るべし!!食品表示!

実は言うと最近のスナック菓子昔のスナック菓子にも食べ過ぎると体に大きな屋影響及ぼす成分が入っているお菓子があります。

 

特に人工甘味料などはダイエットのみならず美容にも良くありません。
人工甘味料は糖質がないからダイエットにはいいんじゃないの?

 

 

と思いがちですが実は言うとそうではありません食べた時はエネルギーになりづらいかもしれませんが長い目を見て考えると美容にもダイエットにもよろしくないものなのです。

 

 

例えば人工甘味料でスクラロースと言う人工甘味料があります。

 

 

 

この人工甘味料は人間の体ではかなり分解されづらい化学物質でもあり、お菓子等に入っていることがあります。

 

スクラロースは体の中に入ると人間の体の免疫システムを狂わせる物質と言われています。

f4752f1bee00f7f09dfeeb79b1076862_s

スナック菓子の実例で言えば、あの私たちが子供の頃からある、駄菓子のうまい棒の中に甘味料としてスクラロースが入っています。

 

うまい棒は1本食べるともう1本物の味のうまい棒を食べたくなりますよね。ヽ(´Д`;)ノ
私も大好きなお菓子の1つです。

 

1本~2本ならそれほど影響もないでしょうが、うまい棒のように食べやすいお菓子ですと気がついたら5本〜6本食べていると言うこともあります。ヽ(´Д`;)ノ

300px-umaibou出典・うまい棒Wikipedia

1日、1本から2本に控えておきましょう

似てるスナック菓子ならこっちをオススメ。

スーパーやデパートのお菓子売り場でスナック菓子が食べたくなった時にうまい棒を食べるならば、じゃがりこを選びましょう。

[ip5_box size=”box–large” title=”安全なスナック菓子” title_size=”” width=””]

[/ip5_box]
じゃがりこは化学調味料が入っています。

 

 

が、その他は比較的安全な食品表示になっております。

 

 

他に気になるところは、香料位ですので「うまい棒」よりは安心して食べることができます。

 

 

とは言っても食べ過ぎには注意が必要です。

 

スナック菓子ですので食べたら食べた分太ります。ヽ(´Д`;)ノ

まだある、ダメなスナック菓子と食べない方が無難かもというスナック菓子。

スナック菓子は、基本的には美容やダイエットのためには食べない方が良いのですが、どうしても食べたくなる時がありますよね?

 

 

そんな時に参考にしていただければと思います。

安くておいしい駄菓子ベビースターラーメン。

[ip5_box size=”box–large” title=”まあ、安全なスナック菓子ベビースター” title_size=”” width=””]

[/ip5_box]

10代の頃私はベビースターラーメンのいろいろな種類を購入してひたすら食べまくっていました。( ̄◇ ̄;)

 

そんなベビースターラーメンですが、スナック菓子の中ではまあまあ安全なお菓子です。

 

 

化学調味料(アミノ酸)が使われていますが、その他は特に不安要素のある化学物質は入っていませんので、食べ過ぎなければ体に害はありません。

 

逆にとんがりコーンはご存知でしょうか?

 

とんがりコーンも私は大好きで、たまにとんがりコーンのあのほんのりと甘いコーン感を味わいたくなり食べるのですが実は言うと、とんがりコーンは避けた方が良いおスナック菓子の種類でもあります。

 

なぜならとんがりコーンにはカラメル色素が使われています。

意外と知られていないカラメル色素の危険性。

075c63ac913b1b47f3bda4e17cea0e04_s

今現在、日本で生成されているカラメル色素のほとんどが発がん性物質を含んでいると言われています。

 

実は言うと、私たちが当たり前のように口に含んでいるコカ・コーラもカラメル色素が入っています。

2f0d9ba9428e55f946908acc59ef0a5b_s
コカコーラのあの黒い色合いはカラメル色素によるものです。

 

最近は透明のコカ・カーラが発売されました。

 

 

カラメル色素は生成方法に1段階から4段階までの製法があります

 

 

生成方法1は、皆さんお馴染みの、普通のお水と砂糖で火にかけたカラメルです。
生成方法1の方法で作られたカラメルは全く無害で安全です。

 

 

問題は2段階目から4段回目の生成方法です。

 

 

この2段階目から4段階目の生成方法の全てに発がん性物質が含まれています。

 

 

いちどカラメルを作ってみればわかると思いますが、砂糖と水を沸騰させるまでに時間がかかるのと、タイミングが必要な点があり結構難しく、お菓子など企業で大量生産するにはかなりの生産コストや費用がかかるのではないでしょうか

 

 

そのため多くの食品加工会社では、体に有害な化学物質を混ぜてカラメルを作っています。

 

 

 

また、製法3と4の製法はコカ・コーラが特許権を取得していますΣ(゚д゚lll)

 

 

とんがりコーンが生成方法1で作ったカラメル色素を使っていると考えづらいです。( ̄◇ ̄;)

 

 

よって、できれば口にしない方が安全なお菓子といえます。

 

 

スナック菓子、ジュースを選ぶときは必ず裏の食品表示を見てカラメル色素が入っているか入っていないかを確認してから購入したほうがよさそうですね。