ダイエット秘話

知っておけば必ずタメになる!ダイエットに有効な脂肪を燃焼させる栄養素!

ae53f181a60ee9052a1889be07565fb3_s

食べ物には脂肪を増幅させる栄養素と脂肪を燃焼させる栄養素があります。

 

 

脂肪燃焼させる栄養素を知っていることでダイエットに役立てることができます。

 

 

食事を取るときにその栄養素が多く含まれている食事をとれば脂肪の燃焼を助けてくれて、お腹もいっぱいにすることができるので、ダイエット中はできる限り脂肪燃焼に寄せた食事を取りたいものですね。

 

 

Lカルニチン
体内でも作られるLカルニチンは脂肪を燃焼させることができる栄養素です。

 

体内で作ることができるといってもその量はごく少量です。

 

 

できることならば食事で摂取したいものです。

 

代表的なLカルニチンを含む食品はまず羊の肉(ラム)があります。

e0cf519630bb6253f233a8be368e08c4_s
よく羊の肉はとってもヘルシーと言うように世間でも食べてもあまり太らないお肉として有名ですが、それはLカルニチンを含む食材だからです。

 

 

「昔、レトルトパックの味付きラム肉を買って焼いたら、雑巾の風味がして食えなかった件」

 

 

私の地元の店、駅の近くにはちょっと有名なジンギスカン屋さんがあります。

 

私も何度かお邪魔したことがあるのですが、金曜日の午後や休日はいつも満員でとても人気のあるお店です。(レトルト肉とはやっぱり全然違う!)

 

 

私は昔ジンギスカンが、イヤ、ジンギスカンと言うより羊のお肉があの独特の臭みのある感じが非常に苦手であまり好きではなかったのですが、このジンギスカン屋さんで食べた羊のお肉がとても臭みがなく、おいしかったので逆にラム肉が大好きになってしまいました。

 

またラム肉でなくても、牛肉や赤身肉はLカルニチンが豊富に含まれていて脂肪燃焼にひと役買う食材でもあります。

 

他には、魚介類であればまぐろや鮭、貝類に異常に多く含まれています。

3f2a4076db01be27690b3a9e0ec98c7b_s
毎日の食材選びをする時、Lカルニチンを多く含む食材を選ぶと、ダイエットにつながる食事をとれると思います。

有名すぎる脂肪燃焼成分カプサイシン。

カプサイシンの脂肪分解効果は、とても有名ですよね。

 

 

唐辛子の辛味成分であるカプサイシンですが、摂取することで発汗作用と脂肪を分解する効果が見込めます。

 

辛いもの好きであれば今はとても辛い成分が入った唐辛子の種類がたくさんあるので積極的にカプサイシンを摂取して脂肪を燃焼させてください。

b22ec8a941ef7a2ca3f62455ae586232_s
ですがカプサイシン、唐辛子の食べ過ぎには注意が必要です。辛いもの好きの人間にはわかると思いますが食べた後、人によっては排泄の時にお尻●が痛いと言うことになる時があります。(^◇^;)

 

食べた時もあまりにも強烈な唐辛子ですと、口が痛くなりますが、出す時も痛くなりますよね。( ̄◇ ̄;)

ビタミンB2でより多くの脂肪を燃焼させる。

ビタミンB2が多く含まれている食品といえばレバーが有名です。私は実は言うとレバーも非常に苦手で( ̄◇ ̄;)、加熱しても生でもほとんど食べる事はありません。

 

 

私のようにレバーが苦手な人は納豆、焼き海苔、サバなどでもビタミンB2は取ることができますのでレバーが苦手な方は納豆やサバ、焼き海苔なのでビタミンB2を積極的に摂取しましょう。

 

 

冬の季節はがほんとにおいしいですよね、鯖は、味噌煮もおいしいですが、できれば文化干しのような形で鯖を食べることをおすすめします。

 

もし自分で鯖の味噌煮を作るようであれば砂糖で調理するのではなラカントを使って、調理しましょう。

44619f63555771399aad38208ca754e6_s
またスーパーなどの惣菜品売り場で売っているさばの味噌には基本的には砂糖が大量に使われている場合がありますのでやはり自分で手作りするのが好ましいですよね。

 

レバーが大丈夫と言う人は、レバニラ炒めや生レバーなどでビタミンB2を取ることができます

 

 

Lカルニチン、カプサイシン、ビタミンB2、この3つの種類の栄養素を積極的に摂ることで脂肪を燃やすことができます。

 

また、これは私事なんですが、私はブルーチーズがとても大好きで、一時期ほんとにすごくハマっていました。

 

 

「こういう。くっさいの本当に好き」

 

ブルーチーズの青カビには強力な脂肪分解成分が含まれています。ブルーチーズの臭みや酸味が苦手でない人はぜひブルーチーズも積極的に食べてみて下さい。

 

 

[ip5_box size=”box–large” title=”オススメのブルーチーズ!” title_size=”” width=””]

[/ip5_box]
ちなみにブルーチーズは、酸味の強いピカンテとまろやかな味わいのドルチェがあります。

 

 

酸味の強いブルーチーズが苦手な方は最初はドルチェから入るとブルーチーズの良さが分かると思います。

 

それでも酸味が強くて苦手と言う人は蜂蜜をかけて食べるとまた違った味わいを楽しめると思いますのでブルーチーズも脂肪の燃焼に効果がある食品として頭に入れておいてください。