ケンコーダイエット
Yoga・マインドフルネス・筋トレ・有酸素運動・ストレッチ・映画・書籍ブログ
ダイエットとお酒

ダイエットの天敵・居酒屋。居酒屋ではこれを食べればOK!

4cd33c9f79c197d4b2b68da157861f7f_s

1人で居酒屋に行く人と言うのはまずいないと思いますが会社の忘年会や新年会もしくは親睦会などで居酒屋に行かざるをおえない時そのまま人が頼んでくれたものを漫然と口に運んでいるようではいけません。

 

ですが、居酒屋にはおいしくてヘルシーな食べ物もたくさんあります、その中でも、ダイエット中でもこれであれば居酒屋で食べても大丈夫なメニューをチョイスしてみました。

居酒屋ではこれを食べる!太りづらい居酒屋メニュー

ホッケの塩焼き

8146533fa1623a41475f2330dfe61669_s
冬の時期のホッケは脂がのっていてほんとにおいしいですよね。

 

居酒屋さんにはたくさんの魚のメニューがあると思いますか焼き魚であるのならば、迷わず塩焼きを選びましょう。

 

魚料理は、西京漬けや照り焼きなどもおいしいのですが、これらの調理方法にはみりんと砂糖とお酒を大量に使っています。

 

いずれも糖質を多く含んだ調味料ですので魚自体の糖質も当然のごとく高くなります。選ぶならば必ず塩焼きを選びましょう。

お刺身

f57afb4081528f9986006e47ac4eaccf_s
お刺身は基本的にどんな種類の魚でも貝でも全然オッケーです。
魚介類が苦手でなければ、お刺身を中心に食べましょう。

 

 

野菜サラダ
こちらも葉物野菜であればどんな野菜でもオッケーですですが、できれば根菜類に気をつけること(人参、大根、ごぼうなど)後はドレッシングにも気を使いましょう。

 

ドレッシングはもちろんのことノンオイルドレッシング、できればオリーブオイルと塩のみで食べるのがベストです。

 

 

冷奴

eefe5da8cd7a701a54d055ce621cdf4f_s
言わずと知れたダイエット食の王様です。お豆腐に関しては特に言うことはありません、湯豆腐冷奴どちらでもダイエットの強い味方です。

 

 

卵焼き

e1a87b7b3d639cfba0dcacf848079b36_s
できれば自然の甘みのある卵焼きを食べましょう。
だし巻き卵など砂糖をあまり使っていない味付けのする卵焼きがベストです。
おひたし

d7f99a23432aa2afbb2f4778a47bc6b4_s
お通しで出てくるおひたしなどは、葉物野菜であればどんなおひたししでも大丈夫です。
焼き鳥

2dddc61f8efeb1d0f9cd666dc9e7da26_s

タレの焼き鳥だけは絶対に避けましょう。

 

また最近の塩の焼き鳥でも、居酒屋さんによっては自家製の甘い塩ダレを作っている居酒屋さんもありますので、できればほんとに塩だけで焼いた焼き鳥にしてください。

 

焼き鳥の種類は皮以外はどんな種類の焼き鳥でも大丈夫です。

 

皮は、大量の脂質が含まれているので、できれば避けて下さい。

 

また、手羽先も皮付きのものは避けた方が無難です。

 

枝豆

6167e08c4aad059ec422d85b6ae00c06_s
低カロリー高タンパク言うことなしの居酒屋定番のおつまみですね

ダイエット中は避けた方がいいメニューはこれ!

バターコーン

e665c6db13444b1ccf80c61319045acb_s
とうもろこしと言うのは、食物繊維が多いのですがご飯と同じ位の糖質がある食材です。
しかもバターで焼いてあるので、高カロリーな上に高糖質。

 

やめておきましょう。

 

ポテトサラダ

145e30cae53045816fa17f024be8876e_s
ジャガイモもご飯と同じく糖質の高い食べ物でカロリーも非常に高いです。

 

さらにポテトサラダは、作る工程でマヨネーズが中に練りこまれていますのでマヨネーズ分のカロリーも上乗せされています。

 

言うまでもなくやめておきましょう。

 

 

もつ煮込み牛すじ煮込みなど甘辛く煮てあるメニュー。

2ba740c221de614608831da049145a56_s
もつや、牛スジ自体はタンパク質が多いものですが、調理方法に問題があります。

作る工程で甘辛く煮込むため砂糖を大量に使用してる恐れがあります。できれば避けたいメニューです。

 

もちチーズ
私も大好きなメニューですが、ダイエット中は手を出すのをやめましょう。
言うまでもなく高カロリーです。

手を出しがちな、避けたいお酒。

飲み会にお酒はつきものですが、飲むのであれば、赤ワイン、蒸留酒に限定しましょう。

 

焼酎、ウイスキー、テキーラ、赤ワインこれらのお酒は飲みすぎなければ飲んでも大丈夫です。

 

 

逆に、女子が手を出しがちなお酒、梅酒は非常にカロリーの高いお酒です。

 

 

飲みやすいお酒ですがこれもダイエット中には避けたいお酒でもあります。

 

言うまでもなく、日本酒ビール、紹興酒などは大量の糖質が含まれていますのでデブになるために飲んでいるものです。

 

ビールは最初のいっぱいがおいしいのでどうしても飲みたい場合は瓶ビールを小さいグラスに注いで、いっぱいだけ乾杯の時に飲みましょう。

 

 

ほろ酔いでお酒を楽しめる秘訣。

あまりお酒を飲まなくてもほろ酔い状態でお酒を楽しめる秘訣はあります。

 

 

私がよく飲み会で行う方法なのですが、水を飲みながらお酒を飲むとそれほどおつまみを食べることなくお酒もほろ酔い程度で帰る頃にはすっかり酔いもさめていて、次の日にもほとんど支障がなく飲み会を楽しむことができます。

 

 

 

「水は偉大だな」

 

26e8524da89609670abcbbc37a343268_s
今の時代に、そんなに無理やり飲まそうとしてくる上司もいないと思いますので、是非この方法で飲み会を乗り切ってみて下さい。