30代からのダイエット

30代の脂肪のつき方がエゲツない!20代と30代のダイエット方法

あなたはいつぐらいから太り始めましたか?

 

 

と言うアンケートにほとんどの女性・男性も含め30歳から35歳の間に急に体重が減らなくなった( ̄◇ ̄;)

 

 

と言う方が大半を占めるようです。

 

 

「中年太りってやつだな」

 

つまり30代を超えてくると急激に代謝が悪くなり脂肪が落ちづらくなります。

 

ですがこれは、日常的にほとんど運動しない人、または食事の管理をあまりしない人のお話です。

 

日常的に運動を取り入れている人が30代を超えても20代と変わらず、脂肪を燃焼することができるようです。

 

悩ましい限りですが、30歳から35歳と言うのは、社会人で言えば働き盛りの最中で、運動よりも仕事、運動に時間をかけるならば仕事を優先させたいと言う人が多いのではないでしょうか?

 

もしくは仕事をそんなにしたくないけど、それなりに重要なポストについていたり職場の拘束時間が長かったりと、なかなか運動する機会が見出せないと言う方も多いですよね?

30と言う年齢に従い20代には20代のダイエット30代には30代のダイエット方法があります。

30代は当然20代のように運動していれば脂肪が落ちるわけではありません。

 

20代の頃は普通に有酸素運動をしてお菓子を食べたりご飯をちょっと多めに食べたりしてもそれほど体重には変化がありません。

 

これは学生の時に運動部に所属していた人であればなおさらではないでしょうか?

 

 

 

そもそもの基礎代謝が全然違うのです。

 

学生の時に運動部で培った貯金のようなものが体に残っているので若さ+貯金で多少無茶をしても太りづらいのです。

ですが30代になると貯金も底をつきはじめ、さらに加齢というダブルパンチが体を襲います。( ̄◇ ̄;)

 

 

20代の時に飲み会や合コンなどで無茶をしていればしているほド30代で痩せづらく太りやすい体になっているのです。

 

 

だからといって、20代のときのような激しい運動や短期間で結果を出そうとするダイエットを行うと逆効果で体を壊してしまったり、リバウンドをしたりとなかなか良い結果につながらないのが普通です。

20代の頃の自分なりのダイエット方法は無視する。

30代でなかなか痩せられない人は20代の頃に自分なりにこういうダイエットをしていたら体重をキープできた、痩せることができたと言う思いこみがある人もいます。

 

過去の成功体験が仇となってしまっているのです。

 

自分が30代だということを自覚して30代は30代のダイエット方法があるということを念頭においてダイエットしましょう。

具体的には?

30代のダイエットは20代のダイエットのように息が切れるような有酸素運動のダイエットをあまりしなくても大丈夫です。

 

 

そのかわり食事の管理と、衰えた筋肉の回復と向上を中心にダイエットを組んでいきます。

食事の管理はまずは全体的なカロリーを見直すことから始めます。

 

基本的には、女性であれば1,600カロリー位を目安に、男性であれば1,200カロリー位でカロリー計算をしていきます。

 

またお酒が好きな人は、お酒も少し控えなければなりません。

 

毎日晩酌すると言う人は、完全に断酒しろとは言いませんが飲むお酒の種類と週に飲む日をしっかり決めた方が良さそうです。

 

普通に推奨されている休肝日と言うのは週に2日程度ですが、ダイエットを目的とする休肝日は週に5日間が目安となります。

 

 

なので、週に2日はお酒を飲める日と決めると良いでしょう。


できれば完全に断酒した方がダイエットの効果も高く結果も出やすいのですが…。

 

そして飲むお酒の種類なのですが、蒸留酒か、赤ワイン限定で飲みましょう。

 

蒸留酒もジュースなので割るのではなく、必ずカロリーのない水や白湯もしくは烏龍茶、緑茶などで割って飲みましょう。

 

 

有酸素運動は、気が向いたときにウォーキングをする程度でも大丈夫ですがそのかわりしっかりと無酸素運動である筋肉トレーニングを行うことをお勧めします。

 

筋肉トレーニングは週2回で大丈夫です。

 

このサイトでも何度か紹介させていただいている下記の本を参照にオススメします。

結論から言うと、20代と30代のダイエット方法の違いはとにかくがむしゃらな有酸素運動を控えて食事制限と筋トレを中心に行うことです。

 

20代の時と違い体重が減りづらくなったと言う人はぜひ試してみてください。

 

 

がむしゃらなダイエットよりは相当効果がありますよ。