ダイエット秘話

カプサイシンで燃焼促進。唐辛子ダイエットって無意味

辛いものを食べると全身から汗が吹き出す、まるでサウナに入ったように体が熱くなり、これはもしかしてダイエットの効果があるのではないか?

 

 

と、一瞬考えてしまいますが、カプサイシンで、いや、辛いものを食べてダイエットに成功したという話はあまり聞いたことがありませんよね。

 

 

 

ですが、辛いものを食べると、脂肪燃焼効果や新陳代謝を促すと言うことで、ダイエットに効果があります!!と謳っている、カプサイシンを使ったサプリメントを製造している会社等をよく見かけます。

 

 

例えば、普通の焼き鳥と、唐辛子がかかっていて、「この焼き鳥を食べれば唐辛子のカプサイシンの効果で焼き鳥を食べた分のカロリーをチャラにできますよ。」と言われたらあなた普通の焼き鳥と唐辛子がかかっている焼き鳥のどちらを食べるでしょうか?

 

 

私だったら、辛いのも好きなので、痩せると言われている唐辛子がかかっている焼き鳥の方を食べると思います。

カプサイシンのダイエット効果、本当のところ。

実際はカプサイシンの効果はダイエットを考えたときにどの程度のものなのでしょうか?

 

 

今回は唐辛子に含まれているカプサイシンのダイエット効果について考えていきたいと思います。

カプサイシンの成分とは?

一般的なカプサイシンの成分の定義はこうです。

 

 

唐辛子の辛味をもたらす主成分ですカプサイシンの成分は一見赤いように思えますが実は言うと無色の結晶でできています。

カプサイシンを体に取り込むとどうなるか?

唐辛子を食べたことがない人はいないと思いますがカプサイシンを体に取り込むとまずカプサイシンの成分は脳に運ばれて内臓の感覚神経に働きかけます。

 

そうするとアドレナリンの分泌を活発にさせ、まず大量の汗をかき強心作用を促すので唐辛子を食べるとまれに心臓の鼓動が早くなる人がいるようです。

 

 

 

「怖っ」

 

嘘っ!?カプサイシンには毒があった。


日頃から私たち日本人もお世話になっている、七味唐辛子や一味唐辛子もちろんその中にも唐辛子ですのでカプサイシンの成分が入っています。

 

実は言うとカプサイシンと言うのは毒の成分があると言うふうに言われているのです。

 

 

その理由は?

カプサイシンには実は言うと毒の成分があると言われている由来は確かです。
でもちょっと待ってくださいカプサイシンが毒であれば、私たち日本人以上に唐辛子を多く使う料理が盛んな中国の四川省などまた、韓国料理なども辛い食べ物が多いですよね?


特に韓国人の方などは、自宅でキムチを作る伝統の文化をもっているので、カプサイシン、いや唐辛子は欠かせない調味料だと思います。

 

 

ですがカプサイシンが毒である証拠と言うのが、まずカプサイシンの辛味は辛いと言うふうに感じるのではなく、痛みなのです。

 

 

皆さんも辛い料理を食べて口の中が辛いと言うよりは痛いと言う感覚を味わったことがありますよね?

 

最近テレビ番組などでも、お笑い芸人や、タレントの方たちが激辛メニューに挑戦するという番組もよくやっていますが、辛いと言うものは通り過ぎると痛みに変わります。

 

 

一見辛いもの食べ過ぎて痛いと言う感覚に陥るのではなくカプサイシンの辛味の場合は、最初から痛いと言うものなのです。

 

その証拠にカプサイシンの辛味成分は刺激成分であるためカプサイシンの成分が舌の中で触れた部分に全て刺激を与えてしまうのです


また防犯スプレーでカプサイシンの成分を使った防犯スプレーがあると思いますが、あの防犯スプレーと言うのはカプサイシンの成分を目の粘膜にかけて目潰しをすると言った恐ろしいものなのです。

 

 

そして、このカプサイシンの非常に強い刺激成分が実は言うと発がん性物質と言う非常に怖い研究過程があるのですが、実は言うとこの辺のことはまた詳しく分かっておりません。

 

確かにキムチを食べすぎてガンになったなんて言う人は聞いたことがありませんよね。


カプサイシンに気をつけるのであれば、他の人工甘味料や食品添加物に気をつけたいものです。

 

こちらの方がはるかに発がん性物質を含んでいるのでそれに比べたカプサイシンはかなり安全な刺激成分だといえます。

 

 

これは私の結論なのですが、カプサイシンに仮に発がん性があるとしても、それはほとんど人体に入ったとしても顕在化しないのではないでしょうか?

 

 

それどころか、そこまで刺激が強い成分であるからこそ、脂肪燃焼に効果があると言うふうに言われているのではないでしょうか?

 

確かに、効果の高いダイエットサプリメントにはカプサイシンの成分が入っていることが多いです。

 

 

ただし、結論を言うと、辛いもの食べたからと言って即座に脂肪燃焼にはつながりません。

ですがカプサイシンの成分と言うのはあくまでも、脂肪燃焼を促すというものですので、脂肪燃焼に働きかけると言う意味では大いにダイエットに効果のある成分だと思います。

何が言いたいのかと言うと、例えばダイエット中だからと言って夜キムチを食べて体の中から熱くなってきたからといって、そのままランニングに出かけても、普段のランニングの脂肪燃焼の効果しか得られないと言うことです

カプサイシンを摂取するならば、やはりサプリメントなどが良いのかと思います。

 

 

そうすれば口の中が痛くなったり、辛いのが苦手な人でも効率よくカプサイシンの成分を体に取り込むことができますよね。

 

結論
カプサイシンで痩せることができないが、カプサイシン入りのサプリメントを試してみる価値はある。

カプサイシンには毒性があると言う事を謳われてはいるがその毒性は、まだよくわかっていない。

一味唐辛子も七味唐辛子もキムチもハバネロも問題なく食べて大丈夫です。

以上です。

いかがでしょうか?自分自らの体でカプサイシンの効果を試してみるのいいかもしれません。