ケンコーダイエット
Yoga・マインドフルネス・筋トレ・有酸素運動・ストレッチ・映画・書籍ブログ
スーパーフード

年末年越しで食べるならどっち?そばは太らないがうどんは太る?

さて、あとひと月もしないうちに年が明けてしまいますね。

 

年末と言えば太ってしまうイベントが目白押しですが、年越しのそばぐらいはきっちりと食べたいものです。

 

私の実家ではお雑煮と言うものを作らないのですが、年越しそばにお餅を入れるのでお雑煮とおそばが兼用で出てくると言うなんともざっくりとした家庭で育ちました。

 

ちなみに私は前にも何度か言いましたが麺類が大好きで蕎麦屋うどんも例外ではありません。

 

そば派か?うどん派か?と言われれば、どちらとも好きなのでどっちも派!と言うふうに答えてしまいます。

うどんとそばカロリーが高いのはどっち?

実は言うと一見そばの方がカロリーが低そうですがカロリーが高いのはうどんよりそばです。

 

とはいってもそれほどカロリーの高さに差がある訳ではなく、100グラムあたりのカロリーはそば100グラムあたり114カロリーうどん100グラムあたり105カロリーほどです。

 

感覚としては蕎麦の方が少しカロリーが高いかなといった程度です。

体にいいのはやっぱりそば!

両方のカロリーがわかったところで、じゃぁうどんの方がカロリーが低いからうどんを食べればいいんだね!

 

という訳ではなく、カロリーが同じであればどちらかと言うと栄養素を気にした方が美容やダイエットのためにはいいと思います。

 

 

そしてカロリーよりも炭水化物、糖質、脂質に気をつけなければダイエットとして意味がありません。

 

 

ダイエット重視で考えるのならばやはりここは蕎麦が1番でしょう。

蕎麦の栄養は?

そばと言うのは小麦粉ではなくそば粉と言うものでできています。

 

そば粉で作られていると言うことを考えると側と言うのはどちらかと言うと炭水化物と言うカテゴリに入るかどうか疑問です。

 

 

とはいっても、100パーセントそば粉の蕎麦は市販品ではお目にかかれません。

 

 

100パーセントの蕎麦は十割蕎麦といって、風味や味も大変美味しいですが、そば粉だけで練り上げられるので、蕎麦生地を作るのに大変時間と労力が必要で、十割蕎麦はどちらかというと高級そばの部類に入るのです。

 

市販されているほとんどのお蕎麦は乾麺、生麺に限らず、繋ぎとして、とろろ芋などが使われています。

 

 

七割蕎麦などと言われたりします。

うどんは水と小麦粉と塩からできています。

 

 

例えばうどんやラーメンなどの麺類は小麦粉から作られていてさらにラーメンは卵と小麦粉を合わせて練ったものです。

 

 

さらに小麦粉と違いそば粉は低GI食品で、血糖値が緩やかに上昇するので満腹感が続きやすいという特徴があります。

 

そしてさらに蕎麦単体でのダイエットを推奨するものもあり、そばダイエットなどと言われているほど、蕎麦は健康食品に近い麺類なのです。

 

 

蕎麦の栄養素は主にルチン、ビタミンB群、食物繊維が豊富に含まれていて美容で言うと肌にも良く、お通じも良くなるという効果があり女性にとっては非常に強い味方になるうる食材です。

 

 

そばと相性の良い副菜。


じゃぁ蕎麦を食べればダイエットに良いんだね!ということになりますがそばダイエットを始めるのであれば出来る限り副菜には気をつけてください。

 

そばを食べるためのめんつゆと言うのは非常に天ぷらとの相性が良ので、天ぷらを一緒に食べてしまうとただの高カロリー食品に成り下がってしまいます。

 

 

そばを食べる時はざる蕎麦にして薄めためんつゆに付けてネギ花わさびを付け合わせにしてそのまま食べるか、私の最もお勧めの食べ方は長芋を買ってきてそれをすりおろし、とろろそばにして食べる食べ方が1番のオススメです。

 

この食べ方は非常にクセになり私はそばを食べる時は、必ずとろろそばに入れて卵を落として月見とろろそばにして食べます。


また具材が足りなければ納豆などを入れても良いでしょう。またオクラ、いかそうめんなどとも相性が良いのでさっぱりとした具材であれば、ヘルシーにそしてお腹いっぱいいただくことができます。

 

 

医学的にも動脈硬化や脳内出血などの血液や血管系の病気を予防してくれると言う効果もあるようです。

 

 

このコレステロールが豊富な食材が溢れる現代の日本ですが昔に立ち返って、蕎麦のおいしさをもう一度見つめ直す良い機会かも知れませんね。

 

 

そばダイエットを始めて、効果が出始めるのは大体1ヶ月から2ヶ月位で少しずつ体重が落ちていくようです。

 

 

ダイエット焦っていない方にもオススメのダイエット食品と言えるでしょう。
というわけで年越しはやはり蕎麦で決まりです。