ダイエット料理

糖質を抑えるご飯でダイエット。相性がいいのは?

お米が好きで好きで止められないと言う人は多いはずです。

 

かく言う私もお米では無いのですが、麺類がほんとに大好きでラーメン、つけ麺が好きです。

 

他には麺とつくものは何でも好きなのですがここ2 、3年は麺類は週一回食べるか月一回食べる日ぐらいしか口にしていません。

 

何故かと言うと炭水化物の中で麺類というのは、抜群に太りやすい炭水化物だからです。

 

炭水化物ダイエットするのであれば、絶対に麺類はおすすめできません。

 

何故かと言うと麺類と言うのは糖質の中でも小麦を使っているので非常に太りやすく吸収されやすいのです。

 

 

やはり炭水化物を食べるのであれば麺類よりもお米が1番です。

 

そしてお米と言うのは1番カサ増しがしやすい食材でもあり炭水化物ダイエットしたいけれども100パーセント炭水化物をカットするのはちょっと抵抗があると言う人にはぴったりの食材なのです。

お米に混ぜて食べるタイプの炭水化物ダイエット。

100%炭水化物がカットできないのであれば、まずは30%、50パーセントとどんどん炭水化物の割合を減らしていけばいいのです。

お米に何を混ぜて食べたい?お米と相性の良いカサ増し食材とは?

糸こんにゃく


1番よく使われているのは糸こんにゃくを細かく切ったものをお米に混ぜる糸こんにゃく混ぜご飯です。

 

 

こんにゃくの食物繊維も相まって便通も良くなりさらにお米の炭水化物としてのカロリーもカットできるので多くのダイエッターが実践している方法です。

 

 

キノコ類


舞茸やしめじ、エノキを混ぜご飯にして食べる方法。
キノコ類は古くから、ダイエットの最強ツールです。

 

 

Mプランダイエットなど、マッシュルームを使ったダイエット方法はあまりにも有名です。
またキノコ類はカロリーが低いので食べ過ぎても体重にそれほど影響がありません。

 

玄米とお米を半分ずつ混ぜてしまう玄米お米ハーフご飯。

通常の玄米ご飯の玄米の量はお米が9に対し玄米が1くらいの割合ですが玄米とお米を半分半分の量で食べてしまいます。

 

 

以外に玄米のプチプチ感が気に入って、私は今でも続けています。

玄米がこんなに美味しいなん知らなかったです。

悪いイメージがある人は是非試して見てください。

 

 

玄米は低GI食品で血糖値がゆっくりと上がっていくので満腹感も出やすく人気の混ぜご飯です。

 

おからご飯。


ご飯の味はあまり気にしないと言う方はお試しくださいこれは正直言ってあんまりおいしくなかったです。

 

 

「玄米とおからって、口の中で喧嘩しない?」

 

納豆混ぜ込んで何とか完食した苦い経験があります。
あまり体重も減りませんでした。

もっともオススメのカサ増しダイエット混ぜご飯は?

最もお勧めのダイエットカサ増しご飯は、鶏胸肉のひき肉を使ったそぼろご飯です。

 

鶏胸肉はしっかりと味付けをします。普通に三色ご飯を作るつもりで混ぜご飯にして食べます。

 

鶏胸肉はタンパク質もバッチリ取れるのでオススメです。

 

普通においしいのですがその分食べ過ぎには注意です。混ぜご飯にした意味がなくなりますからね。

 

 

木綿豆腐混ぜご飯。


木綿豆腐には多少味をつけます。ふわふわとして所感としては非常に良いのですがしっかり水を切らないとご飯がべちょべちょしてしまい少し食べづらくなります。

 

いかがでしたでしょうか?カロリーが低い混ぜご飯と言う観点で言えばやはり糸こんにゃく混ぜご飯が1番カロリーが低い炭水化物カットご飯になります。

 

重要な事は食べ過ぎないことご飯の分量をきっちり決めることです混ぜご飯だからたくさん食べていいというものではなく混ぜご飯にしてもいっぱいの量はきっちりと図りましょうお勧めの量は150グラムです。

 

 

是非、お試しください。