ケンコーダイエット
Yoga・マインドフルネス・筋トレ・有酸素運動・ストレッチ・映画・書籍ブログ
スーパーフード

キャベツ酢の酢づけダイエットが満腹ダイエットの先駆!

もしかしたら、私は、普通の人より、大食漢かもしれない…。

 

なかなかお腹がいっぱいにならないし、腹8分目というよりも、腹6分目ぐらいの感じだな〜〜と、結構、たくさん食べたのに、まだまだお腹に余裕があって、ついついいつも食べ過ぎてしまうというあなた。

 

なかなかお腹が膨れない!と、ご飯を食べ過ぎではいけません。

 

美味しいご飯ですが、ご飯には糖質がたっぷり。

 

 

「むしろ糖質の権化」

 

適量を守って食べないと、太るばかりか、炭水化物中毒を引き起こす可能性もあるのです。

炭水化物中毒とは?

炭水化物中毒をストレートに言うならば、食べても食べてもまたどんどんお腹が空いてきて食べたくなると言う恐ろしい中毒症状です。

 

 

なぜ炭水化物中毒が引き起こされるのかと言うと、炭水化物には糖質が多く含まれています。

 

3大栄養素の1つでもある炭水化物ですが食べ過ぎるとインスリン(インスリンとは細胞を作るホルモンのことです)が過剰に分泌されてセロトニン(セロトニンとは安定や心の安らぎ、満足感を得ることのできるホルモンのことです、俗に幸せホルモンなどと言われております)があまり分泌されなくなってしまいます。

 

 

 

そうするとご飯をたくさん食べても脳はまだお腹がいっぱいになっていないと判断して、満腹中枢を刺激しません。

 

このことから食べても食べても満足しないようになってしまい、太る悪循環の足がかりとなってしまうのです。

 

 

炭水化物中毒といっても恐れる事はありません。実は言うと炭水化物中毒の対処方法はいくらでもあります

 

 

そしてその炭水化物中毒の有名な克服方法がキャベツによるキャベツダイエットと言われているのです。

 

実は言うと私も、キャベツダイエットは今でもたまに行っています。

 

 

私の場合は夜は炭水化物を全く食べない生活をしているので、お昼にご飯が食べたい時や、満足感を得たい時等にキャベツダイエットを実践しています。

 

やり方はほんとに簡単です。
キャベツの千切りを茹でて、それをそのままノンオイルのドレッシングに付けて食べるだけです

 

 

お勧めのドレッシングはできれば青じそドレッシングなどノンオイルのさっぱりしたドレッシングがカロリーを気にすると好ましいのですが、私の場合はたまに、ごまドレッシングを贅沢にかけて食べてしまいます。

 

また、キャベツだけでは少し寂しいと言う方は、キャベツだけではなく、冷凍のブロッコリーやカリフラワーなども一緒に添えて食べるとちょっとしたサラダ感覚でおいしく食べることができます。

またキャベツダイエットの優れたところはタッパーなどに入れて持ち歩くことができるということです。

 

会社などでお昼を食べる時にもタッパーに入れたキャベツを食べてからお昼のお弁当やランチを食べるとびっくりするぐらい早くお腹がいっぱいになるのです。

 

かなり小さいお弁当箱持っていっても、全部食べきれるか不安になる時がある位です。

 

 

ちなみにキャベツ100グラムあたりのカロリーは23キロカロリーです。

 

まるまる1個食べても(M玉)たったの235キロカロリーです。炭水化物は野菜にしては多いのですが(53.04グラム)この炭水化物は体に吸収されずほとんど食物繊維と一緒に体外へ排出されてしまうものなので気にする必要はありません。

 

キャベツダイエットで過去に20キロダイエットした人がいますが、やはり今でも少し体重の増減が気になった時には夜炭水化物の代わりにキャベツのゆでた千切りにご飯を着替えてキャベツダイエットを実施しているようです。

 

 

また、食物繊維は水溶性のものですので余分なコレステロールを食物繊維が吸着してくれて血液中のコレステロールを排出、血液はさらさらの血液になるのです。


キャベツダイエットのキャベツの食べ方なのですが、やはり生より火を通した方が断然食べやすいかと思います。

 

 

またいろいろな食材と掛け合わせて行うキャベツダイエットもありますが私はシンプルにキャベツを茹でたものをノンオイルのドレッシングをかけて食べるのが1番無難な食べ方だと思います。

 

 

コンソメスープにもとても合います。
あなたもぜひご飯はキャベツに置き換えて実践してみてください。

キャベツ酢はデブ菌を減少させる!

 

また、最近ではキャベツ酢と言う方法もあります。

いわゆる、キャベツのピクルスですね。

 

キャベツを酢につけると言うだけなのですが、ドイツには昔からの伝統料理で「ザワークラウト」と言う名前で知れ渡っています。

※ザワークラウトは乳酸菌発酵させています。

 

 

お酢の種類はなんでも大丈夫です。

 

これを食前に食べるだけで、糖質の燃焼を加速させて、いわゆるデブ菌を減らす役割があると言うのです。

 

そして痩せ菌が逆に増えるのです。

 

 

キャベツを酢に浸し1週間で食べごろになります。

簡単に作ることができて重宝します。