男なのに胸に脂肪が…女性化乳房の改善

男の脂肪はみっともない?胸に脂肪がつきすぎて女性化乳房になる男性続出。

私は太るとき全体に脂肪が付いてきます。

 

 

ただ特に、どこに脂肪がたくさん付きやすいか?と聞かれれば上半身についてきまます。

 

 

 

そして、何故か胸に脂肪が付いてきます!

 

 

 

やはり、男で胸がタプタプしているのはみっともないので、一応胸の筋トレは重点的に行っていますが、結構胸の脂肪は落ちずらいです。

 

 

 

「引き締まった胸筋がいいぜ」

 

 

女性で胸の足りない人は悩みの対象となると思いますが、正直、男は自分のしかも男の乳なんてみたくもありません。

 

 

 

「超萎える」

 

 

世の中、欲しいのにない人といらないのにある人で溢れていると思います。

そして、その最たるものが、男性の女性化乳房です。

 

女性化乳房で悩む男性が急増している!

 

女性にはあまり耳慣れない言葉ですが、お悩みの男性であれば言葉は聞いたことがある!もしくは実際僕はそうだ!といった方もいるかもしれません。

 

女性化乳房とは、なんぞや?

簡単に説明してしまうと、「男なのにオッパイが大きい人」の一言につきます。

みなさんも見たことがあるかとおもいますが、おすもうさんはもちろん脂肪がたっぷり付いた体つきをしています。

 

彼らは食べること、太ることが仕事でもあるので、別に太っていてもなんにも違和感はありません。

実物をみても、デブだな~とは思いませんしね。

実際のおすもうさんは間近でみると本当に体が大きくて、少し威圧感があります。

そして、大相撲中継をみても脂肪だらけの体ではなく、どちらかというと、筋肉の上に脂肪がコーティングされているという体つきですよね。

 

ですが、何人かの力士(おすもうさん)は多少脂肪のつき方が部分部分多いところと少ないところがあり、胸に脂肪がたくさんついて本当に女性のおっぱいのようになっている人もいますよね。

 

この人たちも女性化乳房なのか?といわれると、半分YESで半分NOです。

なぜなら、女性化乳房には種類があるのです。

真性?偽性?女性化乳房の種類とは?

種類といっても、そんなに多くの種類があるわけではありません。

2パターンほどですが、まあ、原因は2種類ではありません。

 

人間の体というのは、その生まれつきの構造もそうですが、様々な環境、食生活でも体つき、顔つきまでも変わってくるものです。

 

 

女性化乳房になる原因も様々で、さらに調べていくと、食生活が原因だったりもします。

 

まずは、偽性女性化乳房からです

 

 

「俺も太ると乳が出てくるぜ」

偽性女性化乳房とは?

このタイプが一番世の中の男性に多いと言われているタイプで、単純に太り過ぎによる女性化乳房を指します。

 

 

先ほどのおすもうさんの話ではないのですが、体の骨格や筋肉のつき方によっては、体に脂肪が付いたときに胸の脂肪が膨らんで見えてしまことがあります。

 

 

 

原因としては太り過ぎなのですが、胸に中途半端な筋肉がある人やもともと鳩胸と言われているタイプの人は偽性女性化乳房になりやすい、もしくは胸が出て見えるということがあるようです。

改善方法

改善方法としては、単純に体の脂肪が胸についていて、それが少し目立っているだけのことなので、もしかしたら、通常のダイエットを続けていれば自然と胸の脂肪も落ちていくかもしれません。

 

 

 

ですが、それだけでは胸の脂肪が落ちてくれないこともあります。

 

 

そこで、更なる改善方法があります。

やっぱりこれしかない!筋トレプラス有酸素運動!

筋トレと一言で言ってもただ闇雲に体全体を鍛えるのではありません。

 

 

胸の脂肪を落とすにはそれなりの方法があります。

 

これだけやれば、胸の脂肪だけが落ちていく?偽性女性化乳房に最適な筋肉トレーニング!

胸の脂肪というのは意外や意外、男性は落ちにくいようです。

 

 

中にはかなりハードな有酸素運動をしているのに、胸の脂肪が全く落ちてこないという方もいるようですが、有酸素運動だけではダメです。

 

 

脂肪が落ちづらい=その部分の筋肉繊維が足りないということがいえます。

 

かといって、闇雲に中途半端なウエイトトレーニングなどバーベル上げをしていても胸の筋肉が肥大するだけで、余計、その胸にコーティングしてある脂肪が盛り上がって見えるだけです。

回数を意識した反復トレーニングが鍵!

胸の脂肪を減らして行くには、やはり、痩せマッチョトレーニングと言われる、反復筋トレ運動が必要になってきます。

 

 

反復筋トレ運動とは?

 

 

反復筋トレ運動とは、気になる部分の脂肪を効率よく落とすことができる筋肉トレーニングで、私は痩せマッチョトレーニングと心の中で言っています。ヾ(*´∀`*)ノ

 

 

「背中の筋肉も同時に鍛えると目立たなくなってくるぜ」

 

 

やり方は簡単なのですが、まずは、自分が20回連続で持ち上げることができるダンベルを用意します。

 

 

そして、そのダンベルをきつくて上がらなくなるまで、ベンチプレスと同じ要領で上げ下げの反復運動を繰り返します。

 

 

(腕立て伏せが苦にならない人はそれでも可)

参考までに、私の場合、10キロの鉄アレイが限界でした。

 

 

胸の脂肪を本当に落としたい人であればきつくて上がらなくなるまでやるぐらいを一日2セット、週に2回行えば充分な効果が得られると思います。

 

 

 

また、このトレーニングを行って、筋肉痛になっているときに、食事制限、有酸素運動を行えばさらに効果が見込めます。

 

 

そして、このトレーニングはどこの部分でも応用ができます。

 

 

 

たとえば、二の腕が気になれば二の腕を反復筋トレをして、同じく食事制限、有酸素運動を行えばその部分もきっちり脂肪が減っていきます。

 

 

要するに筋肉痛になっている箇所は脂肪の減り方が激しいのです。

 

真性女性化乳房とは?

 

お次は真性女性化乳房についてです。

偽性と真性何が違うか?というところですが、読んで字のごとく、偽性は「な~んちゃって!」というものです。

おっぱい?これ?な~んちゃって脂肪だよ!ってなもんで、偽性となります。

 

真性は…マジでガチです…。

という感じ。

 

真性女性化乳房とは簡単にいうと男性なのにホルモンバランスの関係で乳腺が発達してしまった状態をいいます。

 

 

 

偽性と真性の大きな違いは成人してからの真性女性化乳房は手術意外では治りづらいということで、男性にはとてもつらい状態ではないでしょうか?

 

 

 

「彼女に突っ込まれたら、ちょっとショックだぜ」

 

 

私は、むかし学生の頃、ちょっと胸が大きい友達がクラスメートにいじられている場面に何度か遭遇しましたので、その友達も笑いながら「やめろよ~」とかいってましたが、私は少しかわいそうだなという目線で見てました。(=_=)

 

 

 

解決方法はもちろん病院になります。

 

 

ほとんどの真性女性化乳房の方が美容整形外科にかかるようです

 

真性女性化乳房と偽性女性化乳房の見分け方

見分け方はとても簡単です。

 

 

まず、真性の方は乳首が痛くなります。

 

 

乳腺の発達によるものですね。

 

 

要は胸にシコリができるというものです。

 

 

なので、疑わしいと思われる方は自分のオッパイをモミモミしてみてください。

 

なんのシコリもなく別に乳首も痛くないとなれば、偽性女性化乳房です。

 

 

逆に乳首が痛い!とか、なんか胸にシコリを感じる…という方は真性女性化乳房の可能性が高いです。

 

 

 

また、両方の胸の大きさが違う…という方も真性である可能性があります。

真性女性化乳房は両方の胸になるとは限らないのです。

 

お酒の飲み過ぎでもなる?肝機能の障害による女性化乳房

恐ろしいことに、お酒の飲みすぎによる肝機能の障害でも女性化乳房になる場合があります。

 

 

肝障害によって乳腺の内分泌や異常代謝で女性ホルモンが急増して女性化乳房になってしまう場合もあります。

 

 

 

女性化乳房の卦がある人は、お酒で肝臓に負担をかけない方がいいと思います。

 

 

具体的な解決作

今のところ具体的な解決策は偽性であれば筋トレなどで痩せる、真性であれば手術一択です。

 

また、偽性、真性両方でも、手術で改善することができます。

手術による痛みはほとんどないそうですが、やはり、外科手術ともなるとお金が結構かかるようですね。( ̄◇ ̄;)

 

 

下記は施術の金額の一例です

とある整形外科の料金一例

やはり少し高いかな?と思います

 

 

「クソたけ〜〜な、3万で頼む」

 

 

手術なんですから当たり前ですが( ̄◇ ̄;)

 

ですが、これはどこの整形外科でもほとんど金額は変わらないようです。

 

 

偽性であればやはり筋トレなどで改善したほうが高額を支払わず改善できます。

 

 

また、胸が目立つのを避けたいという方は下記などを装着するとかなりいいかもしれません。

 

女性化乳房、手術するとしたら?

女性化乳房の手術金額はどこの美容外科でも高額ですが、手術するとしたら、実際の流れはこうなります。

施術時間

大体60分~120分程度

乳腺や脂肪の量で時間が決まるようです。

脂肪吸引のみなら60分程度で終了するようです、これは偽性のみの場合ということですね。

 

痛み

もちろん、麻酔や医療技術を駆使して行うので手術時の痛みなどはほとんどないようです。

終了時は多少、腫れ、痛みが出る場合がありますが、痛み止めを必ず出されるようです。

 

効果

ほぼ、100パーセント改善

高い金額を払うので当たり前ですね。

失敗症例もほとんどないようです。

 

副作用

極々稀に感染症を引き起こす可能性もあるようですが、すぐに施術した医者にかかれば必ず対処してくれるようです。

また、傷口が赤く腫れたりする場合があるようですが、その場合もすぐに施術した場所に相談しましょう。

 

施術後

すぐにシャワーなど浴びていいそうですが、湯船に浸かるのは2週間後~ぐらいからだそうです。

また、激しい運動や胸の筋肉を大きく使うスポーツは1ヶ月経過後から。

必ず術後の定期検診があるので、相談しながら行いましょう。

 

病院一例

下記のような、美容整形外科がオススメです。


 

 

青山セレスクリニック(女性化乳房専門医あり)

 

最後に

女性化乳房は男性特有のなやみとはいえ、最近では、本当に女性化乳房の男性が増えてきているようです。

 

 

実際、私の知り合いにも、気にしているのかしていないのかは不明ですが、太ってもないのに胸が女性のように膨らんでいる男性がいます。

 

 

 

人目で太っていると解る人であれば、あまり胸にも目が行きませんが、痩せている男性が胸が膨らんでいるのは、少し違和感を感じてしまいます。

 

 

体のコンプレックスは時には精神を病むこともあると思いますので、もし、本当に気になるのであれば、手術ないし、筋トレや胸痩せ運動を行うことをオススメします。