アルコール依存症について

ダイエットに邪魔なお酒!どうしてもやめられない人、必見の禁酒薬の効果が凄すぎる!

年が明けて、忘年会、そして、新年会はこれから!という人もいるのではないでしょうか?

 

 

去年の暮れから、お酒の量が増え、お酒による様々な失敗をしてしまった人も、2017年は心新たに迎えられるといいですね( ´ ▽ ` )

 

 

失敗といえばダイエットができていない…。

 

 

そんな人も安心して下さい。
ダイエットのチャンスは無限です。
挑戦し続けられるということは失敗などありえないという事です。

 

ただし、次の挑戦までに時間がかかってはいけません。

 

失敗したら、すぐにまた、新たな方法で取り組めばいいのですが、そんな挑戦心を台無しにしてしまうものがこのサイトで何度も取り上げているお酒です。

 

お酒はダイエットから見ると悪魔の飲み物。

お酒というのは、ダイエットの観点から見るとまるで悪魔の飲み物です。

お酒があるからダイエットができないという人も多いのです。

 

お酒を飲むとどうしても、お腹が減ってもないのに、目や舌がおつまみを欲しがります。

 

また、食後のラーメンも、お酒とおつまみでお腹がいっぱいのはずなのに、同僚や上司に誘われると、「まあ、今日はいっか?」と誘われるがままにラーメン屋さんののれんをくぐってしまいます

お酒を飲むことを習慣にしている人は注意!

お酒を飲むことを習慣にしている、もしくは、自然と毎日晩酌してしまっているという人は注意が必要です。

 

それでも20代30代のうちはまだ良いでしょう。

 

20代30代と言うのはお酒を飲んでも体に変調きたしづらく、もしくはお酒を飲んでいても二日酔いになりづらいのです。

なので20代30代のうちに毎日晩酌をすると言う人は、自分の飲んでいるものがそれ以降にどれだけ体に影響を及ぼすかと言うことが、わかりづらい傾向にあります。

 

 

 

そして毎日晩酌を続けていくうちに、ちょうど35歳を過ぎたあたりの頃、徐々に体に変調をきたしてくるのです。

 

 

 

よく最近お酒が弱くなったなぁとか、昔はそれほど長く続かなかった二日酔いが、午前中を過ぎてもまだ体に響いていると言う方は、お酒が弱くなったのではなく、酒が体に悪影響を及ぼしかけているのです。

その時にお酒をやめられるかどうか?

自分ではビール2缶程度なのですぐにお酒をやめられると思っていても、長年晩酌が習慣として身についている人は、その日のご褒美としてお酒が止められなくなる傾向があります。

 

そうなるともうこれはアルコール中毒のいっぽ手前の状態で、この状態から抜け出すには強い意志が必要となってきます。

 

 

 

またアルコールといえども、薬物による中毒症状と同じような感覚ですので本人の意思だけではどうにもならない場合もあります。

 

 

 

最初の2〜3日は禁酒が続いてもそれ以降はまたもとの食生活に戻ると言うことを繰り返す人が多いようです。

 

昔はなかった!?飲酒衝動を抑える薬。

今でも使われている飲酒衝動を抑える薬、シアナマイドやノックビンという抗飲酒薬は実は肝臓に負担をかけながら治療していく薬でもあります。

できれば、服用は避けたいものですが、上記、2つの薬はアルコール依存性重度の人には残念ながらとても効果的な薬です。(服用しても効かない人もいる)

 

シアナマイドの主な効能は、アルコールを含む食べのや、お酒を飲むと、後で2日酔い以上の不快感を体が襲うというもの。

 

つまり、お酒を抑制するような効果は飲酒後であれば、お酒を飲んだことを後悔させることができますが、飲酒前は全くありません。

 

というか、シアナマイド今飲んでて、猛烈な不快感がお酒を飲むと襲ってくるからやめとこう。

 

ぐらいの感覚ですよね。

 

 

そして、シアナマイドにはまだまだ恐ろしい副作用があります。

人によっては、アレルギーのような発疹が出ることも…。

人によってはアレルギーのような発疹が体にできたり、猛烈なかゆみが全身を襲うこともあるようです。

 

 

また、服用し続けることで肝機能の低下も見られる人もいるようです。

 

 

怖い。|゚Д゚)))

 

 

 

 

「シャレにならんぐらいこえー」

 

 

これらは、シアナマイドを服用し続けることで顕在化する副作用の一角で、他に倦怠感や鬱的な症状も見られることもあるようです。

 

 

え〜〜っ!そんなことまでして、お酒をやめたくない!
と思う方。

 

 

自分も、お酒がやめられなかったら同じく思うと思うヽ( ̄д ̄;)ノ

 

 

でも、もしかして、服用し続ける事によって、お酒を飲む衝動が抑えられる薬があるとしたら、どうですか?

 

 

私ならそれを使って断酒、禁酒します。

新薬!レグテクトの効能!ほぼ90パーセントの断酒率!

この薬の存在を知ったのは、1年前でした。

 

私自身アルコール中毒、依存性ではありませんですが、なんとなくお酒を飲み続けたくなる日がありました?←これをアルコール依存性と言うのかはさておき。

半年ぐらい、毎日晩酌をしていた時があり、その時は今より25キロ近く太ってました。

 

 

ちょうどダイエットを本気で始めようとしていた時期でもあり、そのためには、どうしてもお酒が邪魔でしたので、アルコールを止めるべく、先ずは情報を収集と言わんばかりに調べて、たどり着いたお薬です。

 

 

最初はお医者さんに掛かって、レグテクトをいただきましたが、どうしても、お医者さんだと割高(必ず血液検査が入ります)

 

 

ですので、通販で売ってないものか?

 

と調べたら、なんと!
売ってるんです。

 

これにはたまげました!

 

 

ですが
元の輸入元が海外なので、少しビビりましたが、効能も、お医者さんからいただくものと変わりなく、無事服用し続けて見事にお酒を止める(飲み会や彼氏と飲みにいく時は薬を飲まない)ことができました!

副作用は…

その時は副作用的なものは、少し眠くなるぐらいでほとんどありませんでした。

 

 

心配な方は、最初はお医者さんで検査(血液検査)してからの方がいいかもしれません。

 

 

具体的な効果は、朝昼晩服用で、お酒を飲みたくなる気持ちが湧いてこなくなります。

 

特に、今、ダイエットを頑張りたい!と意気込んでいるけどお酒がやめられない!と悩んでいるかた、また、重度のアルコール依存性ではないが、あと一歩で踏み込んでしまいそう!と言うかたは特にオススメです。

[ip5_box size=”box–large” title=”アルコール依存抑制薬レグテクト” title_size=”” width=””]

レグテクトジェネリック(Acamptas)333mg
[/ip5_box]

禁酒すれば、そのぶん理想の体型に近づくことができます。

是非、参考にしてください。