ダイエット秘話

ヘルシアと違う?以外と知られていない、寝る前に飲むのが特茶のもっとも効率的な飲み方?

今、トクホ製品のお茶で勢力を2分しているのが、特茶、ヘルシアの2製品なのは、皆さんご存知の通りですが、ヘルシアと特茶、この二つは製品について成分について大きな違いが何点かあるのは皆さんご存知でしょうか?

 

ズバリ言ってしまえば、カテキンの量が一番大きな違いなのです。

もちろん、製品名、飲みやすさなどは個人差がありますが、一般的には飲みやすさは特茶(最近ではヘルシアも飲みやすく改良されたものも出てきています)が飲みやすいと言われていますが、それよりも特茶、ヘルシア両製品とも、体脂肪に働きかけるのは同じです。

 

 

では、2つの製品が売り上げや、消費者が選ぶ基準としての違いはなんなのでしょうか?

 

 

それを踏まえた上で今回は、消費者に一番人気の特保のお茶、特茶のもっとも効率的な飲み方を調べてみました。

特茶、ヘルシアでは飲み方が大きく違う?両製品の成分の違い。

先ほども述べたように、2つの製品は体脂肪に働きかけ、脂肪を減らしていくということでは、大枠で言えば同じ様な製品なのです。

 

というか、ダイエットしてる人はこの、2つの製品をコンビニで買い、ダイエットに勤しむのではないでしょうか?

 

でも、ここで両者のスタンスの違いが飲み方を大きく変えるものだと分析しました。

 

何故ならば、

それは、特茶については、体脂肪を燃焼させる!というスタンスではなく、脂肪を分解して消費しやすくする!というスタンスとケルセチン配糖体が脂肪細胞の分解を活性化させ脂肪を減らすといったものです。

 

※ケルセチン配糖体とは主に玉ねぎやブロッコリーにも含まれている脂肪を分解させる酵素です。

特茶の茶カテキンの量は、ヘルシアに劣る?

ここで疑問に思うのが、茶カテキン。
茶カテキンはお茶の製品で苦味成分のもとでもあります。

 

 

純正のヘルシア(下記参照)を飲んだ時に感じるちょっと強めの苦味、これが茶カテキンです。

ヘルシアではこの茶カテキンが540mg程含まれていて、通常のお茶の茶カテキンより数倍の茶カテキンで飲むと体脂肪を消費しやすくする身体にセットされるというスタンス。

.

※普通のお茶のカテキンの含有量は大体250ml(湯呑1杯)で100~150mgぐらいです。

その後、有酸素運動(主にウォーキングや軽いランニングなど)を行うと、体脂肪燃焼をより効率的にできるといことです。

 

一方、特茶なのですが、具体的な茶カテキンの含有量迄は230mg程ヘルシアよりも少なく(ヘルシアは540mg)、又、体脂肪を燃焼させる!というよりかは脂肪分解酵素を活性化させて脂肪分解を促す作用があるというスタンス。

 

お味の方も、正直な話、ヘルシアよりも特茶の方が純粋なお茶として美味しいです。

何故、脂肪分解酵素が活性化するか?

先ほども説明したとおり、特茶にはケルセチン配糖体という、脂肪分解酵素があります。
ですが、これは玉ねぎなどにも含まれているポリフェノールの一種。

 

普通に食物からも摂ることができます。

 

そのケルセチン配糖体を飲料として、体に摂取しやすくしたものが特茶と考えればいいと思います。

 

ヘルシアとの大きな違いはここです。

 

 

ヘルシアは茶カテキンの含有量が多く含まれているのに対し、特茶はその半分以下で、逆にケルセチン配糖体を入れることによって、味を保ちながら、特茶製品の王様として君臨しているわけです。

飲料後、運動をするところは、ヘルシアと変わり無し!

特茶を8週間飲み続けると、お腹周りの脂肪面積が減少したという、結果が出ています。

 

8週間だから…、56日間、約2カ月で効果が出るということになりますよね。

 

でも、さすがに、ただ飲み続けただけでは効果は期待できません。

 

やはりここでも、適度な運動が必要になってきます。

適度な運動の基準。

じゃあ、適度な運動と言いますが、何が適度な運動と言えるのでしょう?

まず、パッ!と思い浮かぶのはウォーキングです。

 

特茶を飲みながらウォーキングを行う。

 

 

目安は30分〜1時間ぐらいです。

また、立ち仕事をしている人であれば、出勤前に特茶を飲んで出勤すれば、高い効果が期待できます。

 

寝る前に飲んで、痩せた人もいます。

 

睡眠というのは、脳や体を休ませていますが、エネルギーは基礎代謝として消費されています。

 

皆さんもご存知でしょうが、睡眠中に排出される汗は、コップ2杯分程。

毎日寝る前に特茶を飲んで痩せた人もいます。

その方は夕食時に特茶を飲みながら、夕食を食べるを繰り返し、三か月ほどで3キロ痩せたそうです。

 

 

時間はかかりますが、楽な痩せ方といえば、試してみる価値はあるかもしれません。

 

運動している時間がない人には効率的な方法かもしれませんね。

 

特茶で睡眠ダイエット。

試してみてもいいかもしれません。