インナーマッスル

筋トレで腹筋を縦割りする女続出!腹筋ローラーがあれば簡単に割れちゃう不思議。

腹筋が割れている女性の芸能人と言えば?

最近腹筋をきれいに縦割りしている女性の芸能人のインスタグラムが大変話題になっています。

 

その先駆けとなっているのが、ダレノガレ明美さんや、ローラさんなどほとんどが芸能人というよりはモデルさんのくくりに入る人ばかりです。

 

そして、この方々に共通するのが、モデル出身(もしくはモデル)であること、ハーフタレントであることです。

 

 

これって偶然でしょうか?

 

 

本人たちの向上心などもあるかもしれませんが、海外意識がある人たちは実は普通の日本人の女性と比べて、そもそもダイエットというものに関する考え方や意識が違うのです。

だからキレイに痩せることができて、スタイル抜群!欧米型のダイエット思考がもたらす完璧ボディ!

皆さん、もし、あなたたちがどうしても1ヶ月以内に3キロ落とさなければならない、もし3キロ落とさなければあなたの大切な人の生命を1人奪います…!

 

とまず、こんなことは絶対ありえませんが、世の中の絶対的な何かがいて、あなたに宣言したらまずダイエットをしなくてはいけないということになりますよね?

 

 

「神はおっしゃられた」

 

 

普通の日本人の一般女性は…

「ああ、じゃあ、明日から、いや今日から走らないとね」

とまず、有酸素運動(ランニングやウォーキング)などの運動を行おうとします。

 

ですが、これが、欧米の女性であれば…

「ああ、じゃあ、明日から、いや今日からジムでガッツリと筋肉トレーニングね!トレナーのマイクは空いているかしら!?」

 

とこんな感じになります。

 

 

もうお解りだと思いますが、日本人は何故か昔から有酸素運動こそが、体重を減らすことができるもっとも有効な手段として彫り込まれてきたのです。

 

逆に欧米は筋トレが確実に体重を減らすことができるもっとも有効な手段として何年も前から確立されてきました。

どちらも正解?腹筋を縦割りする手段。

有酸素運動と筋肉トレーニンなどの無酸素運動どちらが有効な手段か?と問われれば皆さんご存知のとおり、無酸素運動である筋肉トレーニングが正解…かと思いきや、実は筋トレのみではキレイに縦割りした腹筋にお目にかかるに時間がかかります。

 

 

 

その結果、筋肉トレーニングが続かず、途中で挫折。

 

 

 

筋トレしたのに腹筋が割れ無かった!(´・ω・`)と悲しい体験談となってしまうことが多いようです。

 

 

 

また、筋トレ自体どうしたらいいかわからないし、普通に腹筋運動してたら、腰が痛くなって止めた。

 

という人もいます。

 

どうも、日本人というのは体の痛みには敏感で、筋トレ=体が痛くなる=辛い!

 

という図式を頭の中ですぐに立ててしまいがちです。

辛くない筋トレは無い!でも、筋トレを簡単にやりやすくする方法ならたくさんあります!

ぶっちゃけ、筋トレを辛くしない方法というのは今のところありません。

 

 

 

私は、過去に腹筋パッド(あの寝そべっていても腹筋に貼るだけで高周波がでて腹筋を動かしてくれるヤツ)なども購入してみましたが、どうも効果がわかりづらい、効果が出てるのか出てないのか?よくわからないということで、1週間もしないうちに使わなくなりました。

 

そのあと、原始的な方法で腹筋を行いちょうど2ヶ月する頃にはきっちりとお腹周りの脂肪が取れて、腹筋は綺麗な縦割り状態となりました。

腹筋パッドは何故効果が出なかったのか?

腹筋パッド

こんな奴




は何故効果が出なかったのか?

それは、筋肉が精製される過程に原因があります。

 

まず、筋肉というのは、筋繊維でできています。

簡単に想像すると、そうめんの束みたいな感じ

 

そして、筋トレするとそうめんの束はブチブチとちぎれていきます。

 

人間の骨と同じように、1度ちぎれた筋繊維はちぎれても代謝で戻ろうとする機能が備わっているため、そうめんの束は今一度くっつきます。

 

ですが、今度はちぎれにくくするためにちぎれた筋繊維は太くよりしなやかになります。

いわば、そうめんから稲庭うどんぐらいになります。

腹筋パッドでは正直な話、刺激は来るのですが、腹筋の維持という側面でしか効果がないかな?と思います

 

少なくてもゼロから腹筋をしっかり割りたいと思っている人には効果が薄いかな…と

 

割れている人にはもちろん維持の効果があると思いますが、私個人では効果は見込めませんでした。

女性は筋トレしても女性ホルモンの関係でそれほど筋肉は太くならない

よく、女性の中には、「え~、筋肉トレーニングすると、筋肉が太くなっちゃう~、余計太って見えちゃう~」という人がいますが、それは大きな誤解です。

 

よほどの筋肉トレーニング

 

それこそまさに、ボディビル選手権に出場するような勢いで筋トレをすれば話は別ですが、まず、女性が、シュワちゃんやスターローンのような体になることはありえません。

 

しかも、あの方たちは、筋肉を構築するという才能があり、その生活のほとんどをかけてあのマッスルボディを作り上げています。

 

筋トレは女性でも積極的に行ったほうが断然いいのです。

定番アイテム、腹筋ローラー!これこそ腹筋の神が与えたもうた至上の腹筋マシーン!

定番のアイテムではありますが、腹筋の至上アイテムといわれる腹筋ローラー。

 

 

意外にも女子はこのマシンを疑っているのです。(=_=)

なぜなら、初めて腹筋ローラーを使った次の日はお腹周りが裂けるほど痛くなる…

 

でも、そんな地獄の痛みの割にはなかなか効果が出てくるのに時間がかかるのです。

 

実際は、週に2回、2ヶ月も使えばかなりの効果を実感できるのですが、痛みなどメンドくさいなど様々な要因が重なり、1ヶ月もたない人が多いようです。

 

また、使い方によっては腰を痛めてしまうこともあるので、しっかりとした使い方を下記動画で学んだ上で使ったほうが良さそうです。

まずは、2ヶ月、続けてみてください。(2ヶ月使うと楽になってくる)

あなたも、ローラさんやダレノガレ明美さんみたいな腹筋を手にすることが必ずできます。

ちなみに、女性は立ちコロと言われる練度が高い方法はできなくてもまったく問題ありません。

膝コロでも充分割れますので。