ダイエット心得

メタボ予備軍?BMIが異常値に!すぐにできる対策は?

いまや、会社でも義務付けられていると言われているメタボ健診。

 

 

 

30代・40代に入るとお腹周りに浮き輪のように脂肪がついてきてしまった!という人も男女問わずで多いと思います。

 

 

 

メタボ健診に引っかかって、一番皆さんが最初に思い浮かぶのは、やはり日常のご飯の量とお酒の量

 

 

 

「あ~やばい、そろそろ禁酒かな?」とか

「少しご飯の量を減らしてみるか。」とか

 

 

 

「おかわりは無しで!」とかとにかく日頃を振り返って、暴飲暴食をやめようと心に誓う人もいるでしょう。

食事の量を減らしてもメタボ改善につながらない?メタボな私ができること

お酒を止めるのはいいことだと思います。

 

 

いつの間にかにサラリーマンやOLはやれ歓迎会、忘年会、新年会、女子会、なんとなく飲み会といった具合にお酒を飲む機会を強引に作り出しては人生において、失敗や後悔をくりかえしていきます。(私のことです(=_=))

 

 

 

ですが、食事を減らす。

 

 

 

これは少し考える必要があります。

 

 

 

というのも人間は健康的に痩せることができればそれにこしたことはなく、このサイトでも断食や食事制限を進める記事もたくさん書きましたが、それは急務にとか、差し迫ったときとか、どうしても体のために必要とかのときのために書いたものです。

 

 

「自分は急激なダイエットをするくせにな」

 

 

基本的には、できれば2~3年かけて体重を落としていくのがベストだと私はいつも思っています。

間食やお酒を止めて、できれば食事量は2200カロリーぐらいに抑えて、少し運動(週に2~3回)して2~3年かけて理想の体に近づけていく、これが正しいダイエットの形だと思いますし、そうあるべきだと常に思っています。

できれば学生の頃を思い出して、生活してみる

私は学生の頃は運動部ではありませんでしたが、皆さんは運動部でしたか?

 

 

ほとんどの方は何かしら打ち込むものがあって、放課後には買い食い(ホントはいけませんが(^_^;)やそれなりに青春を楽しんでいたと思いますが、どんなにご飯をたくさんたべようが、ある程度運動していれば体に脂肪が付くなんてことはなかったのではないでしょうか?

 

 

 

運動部でない私でさえドカ食いしてもまったく太る気配を見せなっかた12~18歳のゴールデンエイジ(^_^;)

 

 

 

今からでもあの頃の無限に湧き出す体力のある体に戻りたい!と思う人も多いと思います。

 

 

 

ですが、今、30~40代になって、運動してもなかなか痩せないと嘆いて極端な食事制限を行おうとしていようと思ってませんか?

 

ちょっと待ってください。

 

実は何歳からでも運動量を増やせば食事量をそれほど減らさなくて完全に若い頃といえなくても、若い頃の体に近づくことができるんです。

むしろ、食事量を減らすというのは、30~40代のダイエットとしては(よっぽど肉体改造を促すのでないのであれば)老化を引き起こす準備をしているようなものなのです。

日常の動作量を増やすことから始めるのが一番理想的。

では、具体的にはどうすればいいのか?これは日常の運動量を少しでも増やす努力をすることで、肉体改善をする入口に入ることができます。

 

 

 

よく、テレビやメディアでも言われているように、たとえば歩く時間を10分伸ばしてみる(駅までの距離を自転車でなく、歩きで行く)やエレベーターやエスカレーターの使用をやめてみる、などです。

 

 

 

そうすることで、足の筋肉を鍛えることができ、いわゆる今話題の「ロコモティブシンドローム」の回避に繋がる上、足の筋肉はそのままお腹周りの筋肉と密接な関係があるのでお腹周りもスッキリしてくるはずです。

 

 

鍛えるのは足から!通称ロコモは本当はめちゃくちゃ怖い病気

幸い、私の周りにはロコモ(ロコモティブシンドローム以下ロコモ)の人間はいませんが、実にロコモになってしまうとヘタをすれば生活習慣病の悪循環サイクルに入り抜け出せなくなる人も多くいるようです。

 

 

 

ロコモは足の筋肉や骨が衰えて運動機能、バランス能力が低下した状態になることです。

 

 

さらに恐ろしいのは、このロコモ、昔、陸上部などの運動部で慣らしたひとも年齢と生活習慣によってはなる人もいるという結果もあります。怖Σ(゚д゚lll)と思ってしまいますよね。

 

 

 

その原因としては人間20代を過ぎてなにも運動をしていないと年に1~1.5%の割合で筋肉量が減っていくことが原因です。

 

 

 

これは一例ですが…

 

 

大学卒業→就職→飲み会→仕事に追われ運動不足に→筋肉が弱る→運動するのが億劫に→太る→さらに運動が億劫に…という具合の負のサイクルに飛び込んで行く人が多いようです。

 

 

 

ですが、さきほど述べた通り、このサイクルは日頃のエスカレーターを使わず階段で!や少し多めに歩く!で簡単に覆すことができます。

みなさんも、これから「鍛える!」「きれいになりたい!」「若返りたい!」と思うなら明日から階段を利用して足腰から鍛えましょう!