プチ断食

プチ断食で食べていいものなんてあるの?プチ断食中に食べてもOKな食品。

 

自分の体重って皆さんは正確に把握していますか?

スポーツの後や、不意に体重を計ること、またはお風呂の後に計る体重は本当の体重ではないかもしれません。

 

 

現に、朝と夜とでは体重って結構違います。

プチ断食で効果を出したいのならまずは自分の正確な体重をしることが先決

プチ断食ダイエット。

 

 

このサイトでも何回かプチ断食ダイエットについて触れていますが、プチ断食=一番過酷なダイエットという図式がイマイチ頭から離れない人が多いようで、なかなかやってみようという気になる人は少ないようです。

 

 

そもそも、ほとんどの方は自分の正確な体重を知らないと思いますが、ここを知らないとプチ断食ダイエットはなかな成功しません。

 

 

何故かというと、自分の一日で食べる量を知らないということは、地図を持たず富士の樹海へ迷い込むようなものだからです。

 

 

プチ断食ダイエットの醍醐味というのは、もともとの自分の体重とプチ断食達成後の体重を比べて達成感を味わうものでもあるので、どうしても自分の正確な体重を知らないと、なあなあで行ってしまうものなのです。

自分の体重の正確な測りかた!

まず、朝おきてからトイレへいきます。

用をたしたら、朝食を食べる前に体重計に乗ってしまいます。

 

できれば0.2~0.5kg単位で測れるような電子体重計がいいです。

私のおすすめは断然タニタです。

 

 

そして夜・夕食の後で測ります

夕食後、デザートを召し上がる方はその後に測ります。

 

 

そして今日一日の朝・夜の体重の誤差を見てみます。

これは、生活習慣や年齢などにもよりますが、大体、夜の体重が多くなっていると思います。

 

 

私はダイエット中はこれをしているのですが、私で大体1.0~1.8キログラムぐらいの誤差があります。

 

 

つまり、この誤差は自分が一日に飲み食いした量から日中に体から放出したエネルギーと尿・便・汗などを引いたものなのです。

 

 

おそらく、この事実を目の当たりにすると、自分ってこんなに食べてるんだ…と少し驚きます。

 

 

 

断食とは、たとえば一日中何もしなければ体重はその分だけ減っていくものなのです。

中には、3キロぐらい減量してしまう人もいるぐらいです。

 

 

 

 

普段、少なからず運動をしていて基礎代謝量が高い人ほどガンガン体重は減って行きます。

 

プチ断食中に何か食べたい!でも断食中に食べられるものってあるの?

プチ断食、プチと言うぐらいですから、少しぐらいは何か口に入れても大丈夫です。

でも、完全な固形物は絶対にやめた方がいいです。

 

 

たとえば、「プチ断食中だから、唐揚げ1個食べちゃおう🎶」なんて考えはNG。

断食の辛さを格段にアップさせてしまいます。

 

 

1個じゃ済まなくなってしまいます。

 

 

私の一番のオススメは断然、低脂肪ヨーグルトです。

もちろん、お砂糖などは一切入れません。

 

 

プレーンでなるべくかき混ぜて液状にしてからいただきます。

量は200グラムぐらいが良いです。

 

 

もし、ヨーグルトだけでは絶対ムリ!と言う人がいるのであれば、下記のこれをお試しください。

大麦です。


茹でた大麦を少しヨーグルトに入れて食べます。

大麦だけの効能としては、悪玉コレステロールを減らしダイエット菌を増やすと言う効能もあります。
他にも動脈硬化を防ぐという効果も期待できますので、是非大麦を入れて食べて見てください。
ですが、入れすぎに注意!

断食をしたら人生が変わった!断食で得られる最大のメリットとは?

断食をして自分の人生になにが起こるか?

断食をしたら、自身の体が変わった、ダイエットに対する考えが変わった!という声が多くあります。

 

 

私自身、何度か断食をしていますが、ダイエットに対する考えが変わるというか、人間は意外と食べなくても大丈夫な生き物なんだ。

 

 

ということを身にしみて理解することができます。

 

 

また、お腹が空くのは、何かを口に運ぶからだということがよくわかります。

朝起きて、少し空腹感がありますよね?

 

 

でも、一度その空腹感をお昼まで我慢して見てください。

 

そして、お昼を一度超えて2時ぐらいになると、空腹感が一旦無くなります

 

(人によっては、筋力が自食作用で落ちている瞬間だ、と言う人もいます)

 

 

最大のメリットとしては、そうした発見、自分自身に起こる発見だと思います。

 

 

人間は昨日食べたものでできていますが、1日二日食べないぐらいでも消えたり、死んだりはしません。

一度は達成したい断食…。でもなかなか踏み切れない…。

断食は過酷。

 

そんな間違えた考えを持っている人も多いようです。

 

 

 

ですが、実は一度断食を経験してしまえば、そんなことはありません。

それどころか、一度でも断食に成功すると、定期的に断食をしたくなります。

 

 

 

空腹の感覚や、体の中に余計なものが入っていない感覚を知ると、それがとても心地よく感じてくるのです。

 

 

迷いを振り切って、一日だけでも断食をして見ましょう。

 

断食は体に(特に現代にとっては)とても良いことなのです。

断食経験者は語る。ダイエットそのものの見方が大分変わる!

先にも書きましたが、断食経験者はダイエットそのものの見方がだいぶ変わっています。

ダイエット=難しい

 

 

から

 

 

ダイエット=そんなに難しくない、むしろ、ある程度なら簡単に痩せることができる

 

という考えにシフトして行きます。

 

 

ダイエットでなかなか痩せることができないと悩んでいる人にはとてもオススメな自己啓発的なダイエット手法なんだと思います。

 

 

是非、一度断食に取り組んで見てください。