ダイエット料理

中華料理はダイエット向きじゃない?美味しい中華でダイエットできるか?

みなさんは中華料理はお好きですか?

私は友達が中華街の近くに住んでいるので、よく中華街にて中華を食べにいきます。

スーラータンメンが大好きで、唐揚げかスーラータンメンか?というぐらい毎回のように食べています。

基本的にダイエット中であろうが、なかろうが、中華街にきてしまったら好きなだけ食べてしまう感じです。( ´∀`)

 

中華って世界三大料理なだけあって、食い出したら止まらないです( ´∀`)

中華街はほぼ毎日出店が出てるのも曲者です。

絶対、買ってしまいます。

ダイエット中は中華街に出入りするのはやめた方がいいかもしれません。

それでも、中華が食いたい!という人は下記をどうぞ。

酢を上手に使うことによって血糖値をコントロールできる中華料理。

中華料理は基本的に脂っこいです。

私は、昔、香港に旅行に言った時、屋台の焼きそばを食べて、あまりの脂っこさに一口しか口にできませんせした。

味は美味しかったのですが、流石に油の量にビビってしまい、((((;゚Д゚)))))))ちょっと、食が進まなかったです。

 

ですが、実は言うと、中華料理はその脂っこさゆえに、血糖値が非常に緩やかに上がっていくと言う利点があるのをご存知でしょうか?

チャーハンも普通の白飯と比べると血糖値自体は非常に緩やかに上昇していく食品なのです。

また、最近ではラーメン(醤油)も最近では他の麺類に比べて低GI食品だと言うこともわかりました。(スープは飲んじゃダメ)

なので、以外とがっつり食べなければ、中華というのはダイエットむきの食事方法なのかもしれませんね。

中華はあんかけが曲者。

私はそうでもないのですが、よく、あんかけが大好きな人がいますよね。

中華丼、五目焼きそばなんかは、がっつりあんがかかっています。

 

中華のあんの正体はみんな知っていると思いますが、片くり粉です。

それでは、片くり粉の別名は…馬鈴薯(バレイショ)

つまり、じゃがいもです。

じゃがいもといえば、野菜の中でもご飯と同じぐらいの炭水化物の塊ですが、その炭水化物が、炭水化物の麺の上にかかっているのが中華丼や五目あんかけ焼きそばなんです。

 

私の好きなスーラータンメンも実は同じです。

スーラータンメンはお酢の感じで少しごまかしていますが、あれも紛れもなく、あんがかかっています。

 

何が言いたいかというと、つまり、中華料理はあんがかかっているものはダイエット中は絶対避けた方がいい食材となります。

中華料理は飲茶系のものがオススメ。

中華料理を食べるのは基本的に、餃子や焼売、棒棒鶏などいわゆるヤムチャと言われているものがオススメです。

ですが、肉まんはNGあればかりは、炭水化物の塊ですので、基本的に小麦粉を多く使っていないものなら、ダイエット中でも全然食べて大丈夫です。

 

オススメは、とにかくお酢をたくさんかけて食べること。

このルールを守れば、無駄に血糖値を上げなくてすみます。

 

また、ラーメンも野菜やチャーシューなどと一緒に食べて、スープさえ飲まなければ、以外とおそるに足りないですが、ラーメンを食べるのなら、冷やし中華がオススメです。

 

冷やし中華もさっぱりとした醬油ベースのたれがいいです。

ごまベースだとタレに大量の糖分が含まれているため血糖値は非常に上がりやすくなります。

焼きそばもギリギリセーフ

焼きそばは油と調味料が麺にコーティングされているので、血糖値が上がりにくいですが、食べやすく、以外とお腹の中にスルスルと入って行きやすいので量さえ気をつければダイエット中であろうと、被害は少ないです。

中華料理はお酢と相性がいいのがいいですね。

 

そういえば、中国の方って、あれだけボリューミーなもの食べているのに、太っている人が少ない、むしろ、スタイルは良い方が多いと思うのは私だけでしょうか?

 

きっと、上手にカロリーコントロールできている方が多いんでしょうね。

最後に、オススメの中華料理を。

 

麻婆豆腐・棒棒鶏・中華クラゲの和え物・レバニラ・回鍋肉など

単品で食べましょう!

いざ、中華街へ!!