健康

健康診断を受けてからでは遅い!いつのまにかに進行する老化がエグい!

健康診断や人間ドックは会社員の方なら年に1回は必ずありますよね?

1年に一回とはいえ、このシステムのおかげで健康状態のいい指針になります。

 

ですが、結果に一喜一憂しても普段の生活習慣はなかなか変えられません。

健康診断書をみると、まざまざと自分の体の悪い部分を見せつけられ、明日から変わるぞ!っと意気込むのですが、何をどう改善していいやらでそのまま、フワッと毎日がすぎてしまうパターンが多いようです。

何の為に健康診断を受けるのか?内臓の状態はわかるが…

多くの人が、義務だから、会社が受けろというから。

と言いますが、理由をつけるのは人それぞれ。

 

ちなみに僕は、毎年、健康診断を受けるのが楽しみです。

※結果がよかろうと悪かろうと。

 

なぜかというと、健康診断で自分の体のの健康具合が見えてくるからです。

健康であることほどかけがえのないものはありません。

 

とは言っても、数値がかなり悪い時もありました。

今は改善できていると思いますが…。

 

そして、健康診断でわかるのは内臓のことだけです。

当たり前ですが、健康診断は病院で、体の筋肉量までは調べてくれません。

実は、この筋肉量が体の酸化に大きな影響を及ぼしているのです。

下半身の筋肉が老化を止めるための大きな鍵となる

ロコモなどと言われていますが、ロコモティブシンドロームという言葉は聞いたことがありますでしょうか?

 

これは、移動機能(立つ、歩く、座る)など本来人間が当たり前に持っている運動機能が正常に働かなくなる現象で、多くの場合は、下半身の運動機能の低下が大きな要因になり引き起こされる病気です。

 

これは健康診断などでは発見されない老化現象です。

筋肉が弱くなると体の酸化が進む!

よく、「体の活性酸素が…!とか「酸化が進んで老化が早まる」とか言いますよね?

 

そもそも、活性酸素って何だ?

そんな疑問持ったことありませんか?

「酸素ボンベじゃねーぞ」

 

活性酸素という文字自体はとても体に良さそうですが…

 

実はここでいう活性酸素は健康からみて悪い言葉です。

 

普通、人間の体に誰しもが持っているもの(免疫機能の一種)ですが、これが増えると途端に体に悪さをする毒となります。

 

そして、いわゆる痴呆や糖尿病、動脈硬化など人が生きていく上で必要な健康を奪っていきます。

 

ただ、増えすぎなければ、免疫機能として活動する一面がありますが、ほとんどの場合、年齢とともに活性酸素は増加します。

 

これが、筋肉とどう繋がりがあるのかというと…

 

足には体の筋肉の大きな筋肉(ハムストリングなどと呼ばれている太もも)がありますが、人間の体の筋肉部分で特に足は筋肉が落ちやすい部分とも呼ばれています。

 

僕は左足のアキレス腱を断裂して、2週間ほどギブスをつけていたことがあるのですが、ギブスが取れた時、びっくりするぐらい足が細くなっていて、めちゃくちゃ驚いたことがあります(20代の時です)

 

足を使わない事によって、まさに足だけ老化していったのです。

 

「老化は足から」という言葉もまんざらではないですよね(>人<;)

老化が進行すると厄介な病気になる。

活性酸素が進行するとかなり厄介な病気を引き起こします。

一番ポピュラーなのは、運動不足による肥満からの動脈硬化です。

 

特に、40代を過ぎると、活性酸素による抵抗力が弱くなって肥満になりやすい体になってくるので、40代に入る前に、筋肉トレーニングや普段の運動や食生活に気を付ける必要が出てきます。

 

また、運動をすれば活性酸素の増加を抑えることが出来るかといえば、じつは激しい運動は逆効果です。

 

基本的に、激しい運動はさらに活性酸素を増幅させる恐れがあります。

 

なにごとも、ほどほどが一番だということではありませんが、最近疲れやすくなった、またはあきらかに体力が落ちてきている、シミ・しわができやすくなった、物忘れが多くなった気がするなどは、老化が進行している証拠ともいえます。

いつでも老化の進行を知ることが出来る機械があるのをご存じですか?

自分の体の酸化具合がわかれば、サプリメントが体に合うか、または、運動のやり方、適切な食生活の改善、睡眠は足りているのか?など様々な角度から自分の健康を見直すことができます。

 

体が酸化して、死に直結するような重大な病気になる前に自分の健康状態を知ることができるのです。

 

最近では、自分の体の酸化状態を唾液だけで発見できる画期的な計測器ができました。

唾液だけで家族の体の酸化や健康状態がわかる、TVでもお馴染みの測定機器!アラ!元気

正直、ネーミングはふざけていますが、唾液で自分の体の酸化具合や健康状態が測れる機械というのはとても貴重だと思います。

 

普通は、病院で検査したり、血液検査などで健康状態はわかると思うのですが、唾液だけで、しかも自宅にいながら測定できるのはかなりすごいと思います。

使い方も簡単で、TVでも放送されましたので、かなり信頼性、機能性は高いです。

若いうちは、自分の老化には絶対気づかないものです。

ですが、30代後半ぐらいにジワジワと認識してくるものではないでしょうか?

とはいえ、老化は必ず誰しもに訪れるもの。

 

できるだけ進行を送らせて元気に生きて生きたいですね!