病気・生活習慣病

痒っ!脂漏性湿疹になった!痒さと見た目の対策。完治は何日ぐらい?

この1週間ぐらい、お酒を飲む機会がいきなり増えました。

原因は、職場の飲み会、あとは、なんやかんやで一人晩酌をしていたこと。

まさに宴と言わんばかりに、飲みまくった

 

その影響かもしれないが、急激に「太ももと首が痒い!」

とかきむしりまくりの、おまけに額がなんだか、むず痒い!とポリポリ。

瞬く間に、赤い湿疹のような発疹が出てきてしまいました。

 

あまりの痒さに、即日、皮膚科にネットで予約を取ろうとするも、行きつけがお休み(>人<;)

 

顔面と太ももと首とさらに二の腕が痒くて悶えておりました。

これは足の腿部分・毛が汚くて申し訳ございません(。-∀-)

 

とりあえず、市販の薬で、しのぐ事が出来ましたが、やっぱり、お医者さんにもらった薬は効きます!

 

発症後1日明けて、飲み薬とビタミン剤、塗り薬を処方されたんですが、痒みはひとまず収まり、顔の発疹もすぐに収まりました。

今までにない、恐怖を感じました…脂漏性湿疹の痒み

もともとアレルギー体質なんで、小さい頃から多少は肌に湿疹ができたり、わけのわからない痒みがあったりしていたんですが、ここまで酷いのは初めてで、39歳にしてマジでビビりました。

高校生の頃は、よくある背中ニキビなんかもなってた時があるんですが、あれはあくまでも思春期特有のものですよね。

 

それでも、かなり痒くて不快でしたが、まさか大人になってこんな湿疹に悩まされるとは思いませんでしたよ。

 

今は、腕にも多少できて、薬で完治してますが、足と腕にはまだアトがあり、出血もしてますね。

 

お医者さんに、「なんで、これってなるんですかね?」って聞いたんですが、詳しい原因はわからないけど、ホルモンバランスの乱れと、もしかしたら、お酒を飲んだことによって、血管が拡張してそれが元で脂漏性湿疹を引き起こしてしまったんじゃないか?ということでした。

 

また、体が毒素を排出しようとしてなる皮膚病でもあるので、積もり積もったものが今体にサインとして出ている可能性もあるということでした。(。-∀-)

原因は詳しくわからない?人それぞれの脂漏性湿疹

僕としては、一刻も早く原因を知りたいところでしたが、調べても調べても、詳しい、自分が納得できるような原因が見つからなかったです。

 

というより、お酒が原因で脂漏性湿疹になったと信じたくないのが本音。

 

だって、お酒飲むたびになっていたら、永遠に酒が飲めない…

 

お酒はダイエットや、肝臓に悪い影響を及ぼすのを知ってますが、永遠にやめるのは、ちょっと辛いものがありますよね(>人<;)

で、やはり原因がそれだけのなのかをハッキリとさせないと、と思いお酒と、脂漏性湿疹の関係を探りまくりました。

厳密に、お酒が直接関係している湿疹ではない。

調べて、一つ安心したのが、完全にお酒が関係しているわけではないようで、お酒はあくまでもサブの役割(つまり、血管を拡張させて、湿疹をひどくする)にとどまるみたいです。

 

では、他の原因はなんだったんだろう?となりますが、一番有力なのは、ストレスによるホルモンバランスの崩れ、そして、普段の食事。

この二つが怪しいとなりました。

 

普段の食生活

意外としっかりと、コンビニ食などではなく、なるべく自炊して気を使うことにしてましたので、食生活はセーフかな?と思ったのですが、最近、気に入って食べまくっているものがありました。

 

それは、ナッツ類です。

ナッツは、良質な油とはいえ、油の塊と言っていいほど脂質が多い食べ物です。

これを、晩酌に大きな袋を丸ごと平らげていたので、もしかしたら、これが原因かも?と思いました。

 

 

ただ、皮膚科の先生によると、「ちゃんとした検査をしなければ、ナッツアレルギーかどうかはわからないので、一概にナッツを食べ過ぎたからと言って、脂漏性湿疹になるということは考えずらい」ということです。

 

僕が食べていたのはミックスナッツで、アーモンド・カシューナッツ・クルミなどが入ってたナッツです。

 

なので、どのナッツが?というところまでは言えませんが、自分では「あれを食いだしてから…」というのがあるので、一番怪しいと思っています。

 

今は、とりあえず、食べてません。

かゆみ対策はとりあえず、塗り薬しかありません!薬をヌリヌリ

実は、僕自身塗り薬とか、体に何かクリームを塗るのが好きではないんですが、背に腹は変えられないので、いただいたこちらの薬を塗りました。

と、ビックリするぐらい早くかゆみがひいていきます。

スゲー、初めての体験!

 

完全に塗り薬をなめてましたね。(。-∀-)

 

この薬が効くのか、僕の今までの偏見が悪かったのか、塗り薬はかゆみには絶大な効果があります。

 

かゆみ対策は塗り薬以外ではありえません。

内臓も疑ってみた

もしかしたら、内臓のどこかがやられていて、そこから発生したものかもしれない!と検査しにかかりつけの病院へ検査へ

先生、これってもしかしたら僕の内臓がやばいってことですか?
医者先生
医者先生
いやぁ(笑)、ゆうたろうさん、内臓がやばくて湿疹できるようでしたら、相当やばいですよ、肝硬変とかのレベルです。みたところ、大丈夫なんで、やっぱり、皮膚科の先生の言うとおり、ホルモンとかそういう関係が可能性としては高いかもです。
もしかしたら、肝臓系にダメージがいってるので、こういう湿疹が出てるのかな?と思ったんですが違うんですね。とりあえずよかったです。
医者先生
医者先生
でも、LDLコレステロールの値が平均より、40オーバーしてますんで、もしかしたら、コレステロールが関係してるかもしれませんね。みためもニキビみたいな感じですし、しばらくは、洋菓子とか卵を控えめにしてください。

 

こんな会話で終わりました。

習慣化するのが怖い、脂漏性湿疹の対策

脂漏性湿疹は、投薬や塗り薬で、早くに対象すればすぐに直りますが、習慣化する可能性もある、意外と怖い湿疹です。

 

現に、今でも、僕の腕や足には、3〜4こぐらい、各箇所にニキビあとのような湿疹が出てます。

 

皮膚科の先生には、錠剤の薬と塗り薬を処方してもらいましたが、いきつけの内科の先生曰く、実はこの手の病気は漢方が一番いいとおっしゃってました。

 

先生は、専門外の病状の人にはよく漢方薬を進めるそうで、その為に勉強もしているとのことでしたので、漢方も試してみることにしました。

地元のお医者さんが「とりあえず、この漢方が効く!」とオススメしてくれた2種類の漢方!

うちの地元の先生は、結構、地元密着型の熱い先生で、かなり親身になって病状の話を聞いてくれます。

 

まあ…どこの誰先生とまでは言えませんが、地元の名医で、ネットでの(病院の)評価も高い先生なんですよ。

 

その先生がオススメしてくれた漢方薬を一応、脂漏性湿疹に悩まされている方の為に載せておきます。(ただし、大人用の脂漏性湿疹・子供はまた別の症状らしいので)

 

漢方はやはり、ツムラのものが一番だそうです。

皮膚のターンオーバーは4週間で、漢方薬が効いてくるのが2週間前後だそうです。

なので、最低でも、6週間ぐらい(1ヶ月ちょっと)は見て欲しいとのこと。

僕はまだ6週間経っていませんが、あの脂漏性湿疹の特有の、皮膚炎になる前のじんわりと嫌な感じで皮膚の表面が熱くなる感じが全然ないので、漢方が効いているのかもしれませんね。

 

 

もう一つはコレ。

ツムラではないんですが、僕自身が、「乾燥肌でオイリー肌です」というと、こちらも飲んで見れば?と言われました。

 

なんでも乾燥肌の人にいいらしいです。

僕が今飲んでるの十味敗毒湯エキスのみですが、他に2〜3個できているおそらくは脂漏性湿疹の残り?だろうと思われるところには塗り薬をつけています。

 

今はほとんど完治しかけてますが、あのかゆみだけは、味わいたくないですね。

とりあえず、定期的に漢方も服用しときます。