ケンコーダイエット
Yoga・マインドフルネス・筋トレ・有酸素運動・ストレッチ・映画・書籍ブログ
YOGA(ヨガ)

男もヨガがしたい!ヨガ初心者の男性が最初にやるべきこと3つ。

女性の間ではフィットネス、ダイエットを中心に浸透しているといえるヨガですが、男性の間ではまだまだ、ヨガ人口は少なく巷でヨガをライフワークに取り入れている、趣味がヨガです、という男性はまだまだ、女性に比べて少ないのではないでしょうか? 僕はヨガ、瞑想にとても興味があり、たくさんのヨガ関連、瞑想関連の本を読んでいますが、フィットネスとして体を動かしながらヨガを本格的に習ったり、定期的に行うことが、まだありません。 できれば、毎日の習慣にヨガを取り入れたいのですが、その理由はヨガが一番優れた体メンテナンスの習慣だからにほかなりません。 先人たち知恵と言えば大げさですが、ヨガほど優れた体系体質メンテナンスは全世界さがしてもやはりヨガだけなのです。

ヨガは瞑想を深めるための先人類が生み出した最強の精神安定剤!

ヨガは人類が生み出した唯一無二の精神安定剤です。 このことから考えても、ヨガはもともと男性にも大いに必要なツールです。 実際に人口は少ないですが、仕事のストレスをヨガで解消する男性は増えています。 精神安定剤と言えるその理由はいくつかあるのですが、大きく分けると3つほど理由があります。

まず、1つ目は、ヨガの最終地点は「満たされた心を養いながら、穏やかな生き方をすること」であること

いきなり、人類がヨガというツールに求める最終地点をお話しますが、ヨガを作り出した先人たちがこの「ヨガ」というツールに求めたのは「満たされた心・穏やかな心と生き方」なのです。 ひとえに、ヨガは単なるスポーツやダイエットの道具ではなく、自律神経を正常に保ちストレスのない生活を送ることを目的に作られたと言います。 このことは、最古のヨガ経典「ヨーガスートラ」でも言われています。 このことだけ取り出せば、瞑想との連動関係もうなずけると思います。

2つ目は日常にヨガを取り入れることで、日常のリセットポイントを作れる。

瞑想もそうなのですが、ヨガを日常に取り入れることで、人生のリセットポイントを作り出すことができます。 何かうまくいかない・・・、と感じているときや、むしゃくしゃしている時、妙な焦燥感があるときなど、また、何かに依存(お酒、ギャンブル)にすることをやめようとするときなど、ヨガを取り入れると、解消されると言います。 実際に、女性ですが、ヨガを行うことでアルコール依存を軽減出来ているという知人がいます。 依存する心を取り払えるというのはとても素晴らしいことだと思います。

その3、瞑想を深めることができ、とても深い瞑想状態になることができる。

そもそものヨガの目的は「瞑想を深めること」です。 ですが、中には瞑想とヨガを切り離して考える人がいます。 しかし、本来のヨガの目的は先にも書きましたが、「瞑想を深める」ということの一言に尽きます。 それは何故?というと、瞑想にとって一番肉体的に必要なことは、「呼吸」「姿勢」と言われています。 その、呼吸や姿勢も間違えていては、深い瞑想状態に入ることが難しく、逆に体に変な力が入ってしまったり、呼吸法が浅かったりしてしまうと、自分の理想とは遠い体になってしまいます。 そうなると、瞑想しても集中力を欠いたり長続きしなかったり精神的にもそれほど効果が得られません。 一方、瞑想が日常的に深く浸透すれば、毎日がストレスなく、どんな時でも平常心を保つことができます。 以上のことを踏まえ、男性にも瞑想は必要なツールだといっても過言ではありません。

実際に、ヨガを男性が始めるのは都内在住でないと難しい?家でもヨガをはじめてみよう!!

僕は千葉の某市に住んでますが、以前、ヨガをどうしても習いたく、ヨガ教室を探してましたが、LAVAや会員制のヨガ教室だとやたらレッスン料が高くしかも自宅や職場からすべて車で30分以上かかるので断念してしまいました。 なので、もっぱら、ヨガの有名講師の本や、女性向けのYouTubeチャンネルを見て、自分でポージングをしてましたが、それでも、なかなか限界があります。 何故なら、男性ヨガ関連のYouTubeは少なく女性のYouTubeを見ても、男性である僕には少々物足りなく感じてしまってたからです。 そこで、男の初心者がヨガをスムーズに始められる3つのことを考えてみました。

その1・男性がヨガを始める!まずはヨガ関連本を購入してみる。

なにはともあれ、「ヨガって、男もライフワークにできるものなの?」と疑問に思う方もいるでしょう。 僕がそう思うように、みんなもきっとそう思うはず(;^ω^) 本気でヨガを始めたい!!と思うなら、まずは知識をある程度入れておくのも必要です。 ですが、巷のヨガ本は女性向けに作られているものが多く、男性向けに作られているヨガの本は女性ヨガに比べると全然少ないのです。 そこで、僕も購入して普段から愛用している男性でも使えるヨガ関連の本を紹介します。 男のヨガ (TJMOOK)【Amazonリンク】
雑誌のようなタイプのヨガ本でとても読みやすいのがこの本です
スマホで動画をチェックできるQRコードもついていて、ヨガのポーズの一通りの流れを確認できます。

本の表紙と動画のモデルは2014年BEST OF YOGI を受賞した更科有哉さんです。
 

YOGAポーズの教科書【Amazonリンク】

もう一つは、ヨガの指導者として、日本でもっとも有名だと思います。
綿本彰さんの「YOGAポーズの教科書」です。

100のポーズと70のヨガレッスンがオールカラーで1つ1つのポーズを細やかに載せています。

僕がもっとも参考にしている本当に教科書のような本。
ちなみに、著者の綿本彰さんは日本ヨーガ瞑想協会の会長です。
誰かに、ヨガ関連の本をおススメするとしたら、まず一番最初に綿本彰さんの本を紹介します。

初心者にもわかりやすく、かつ、しっかりと体系化されているので、とっつきやすい本です。

その2・女性も男性もまずは見た目から!YOGAウェア・YOGAグッズを購入してみる!

見た目から入る人っていると思います。 何を隠そう僕がそうです(;^ω^) ヨガウェアやグッズというものは基本的にそこそこお値段がするものが多いです。 上下揃えると、基本的には1万円以上しますし、ヨガマットもいいものをそろえようとするとなかなかいい値段します。 ですが、ヨガウエア=ヨガの専門店で売っているシャツととらえず、スポーツウェアという意味合いで揃えればユニクロやGUなどの比較的手が出しやすいので、僕はそうしてます(;^ω^) 上下ともに速乾性があるもので、動きやすく、関節の稼働を邪魔しなければ正直、なんだっていいんです!! ですが、「ここはブランドにこだわりたい!」「せっかく始めるのだから、少しだけいいものを着たい!」というファッション性にこだわる人はちゃんとしたヨガのブランドというものがありますので、下記に紹介しておきます。

その3・ヨガの基本中の基本・太陽礼拝をとりあえず確実に覚える!!

一番最初に覚えたいヨガの基本中の基本!太陽礼拝をA・B確実にマスターすることからはじめてみるのが、ヨガの基本を始める本当に基本中の基本です。 なぜなら、このポーズは動きのある一連の動作になっており、朝1番で行うと、体と心を目覚めさせることができます。 どんな、ヨガマスターもきっとこの太陽礼拝から始めたはず!!と思い、僕も、なんとか覚えました(;^ω^) ちなみに、この「太陽礼拝」が出来るようになると、自分の中で、ある程度「ヨガちょっとかじってる奴」という変な認識が出来上がり、他のポーズも学びやすく、躊躇なく挑戦できるようになります。 初心者は間違えても、体が硬く運動不足でも、動画を見ながらなんとなく「太陽礼拝」から入るとヨガを本当に始めやすいです。 さらに、他のポーズも覚え、中級者ぐらいにはなったかな?と自分で思ってもこの「太陽礼拝」を体に染み込ませるように何度も行うとヨガというものが自分の中にどっしり根ずきます。

これは、太陽礼拝の動画になります。 最初は動画や本を見ながら何度も練習するとどんどん上達します。   しかも、1時間もやると、大量の汗で床がびちゃびちゃになるぐらいに濡れますので、ヨガマットの上にタオルを敷いて行うといいです。 僕は、フィトネスとして行いたい時は1時間柔軟などを兼ねてやるときは2回ぐらい(10分かからない程度)でやってます。 是非皆さんも、この手順にならってヨガをはじめてみて下さい。